以前の記事でDMM.Africaが東アフリカ・ルワンダのスタートアップ”HeHe labs”を買収し、ルワンダのIT市場に参入したという話題をお伝えしました。今回は、DMM.HeHeとして新たなスタートを切った同社が、DMM.Africaのメンバーと共に新たにローンチしたサービス“HeHe Business”とそのビジョンについてお届けします。

DMM.HeHe、ルワンダ×日本で大きなシナジー効果を発揮!

With two Japanese teammates

“HEHE”はルワンダ語で「Where(場)」を意味します。もともとDMM.HeHe前身であるHeHe labsでは、地理情報テクノロジー(Geolocation technology)を活用し、顧客へより容易にアクセスするためのサービスの開発に約6年間にわたり取り組んできました。

HeHe labsのビジョンに共感してくれる投資家やパートナーを探していたところ、出会ったのがDMM.Africaでした。DMM.Africaはアフリカでの事業の機会を探しており、既に事業を実施しているHeHe labsとコラボすることで、互いに大きなシナジー効果が見込めると考え、両者はタッグを組むことを決めました。

現在、DMM.HeHeでは、DMM.Africaの日本サイドから3名が経営に携わっています。具体的なアドバイスやアイデアを得ることにより、たった6ヶ月で既存のサービスは一気に成長し、複数個所でオンデマンドのサービスを提供できるようになりました。企業規模も急拡大しており、従業員数は40名にまで増加する見通しです。

DMM.HeHeがルワンダでローンチする新しいサービスとは!?

Mr. Richard Rusa.

東アフリカのルワンダに拠点を置くDMM.HeHeは、より多くの消費者にリーチできるビジネス環境を整えるためのソフトウェアソリューションを開発・提供するスタートアップです。先日、DMM.HeHeは“HeHe Business”という、小売業者に対しECサイト運営から配送までをワンストップで請負う新たなサービスをルワンダでローンチしました。

DMM. HeHe が開発した新サービス“HeHe Business”では、オンラインストアの運営、インベントリ分析、顧客管理、支払いシステム管理、自社配送までを一貫してスムーズに行うことを可能にしました。これは今までルワンダのローカル市場では実施されてこなかった、全く新しいサービスです。既に自社配送も開始されており、商品を購入した消費者は自宅または最寄りの配送所で商品を受け取ることができます。

「信頼」が鍵を握る、小売業者の獲得!

HeHe Business

DMM.HeHeでは、2017年中にこのサービスへ100社の小売業者が登録することを目指しています。その鍵を握るのが、「どのようにして彼らの信頼を得ていくか」であると、DMM.HeHeの開発者たちは話してくれました。

「ルワンダのローカル市場でビジネスを行う小売業者にとって、ECは全く新しいサービス。だから、彼らとの間に信用をどのように獲得していくかが重要になるんです。私たちがどのように事業を行っているのかを理解してもらうとともに、彼らの事業ポテンシャルやどの商品をECで販売していくべきかを、パートナーとして一緒に考え続けていく必要があります。」と語ります。

DMM.HeHeの社長が語る、新サービスのビジョン

Ms Clarisse Iribagiza

前身のHeHe Labの創業者で現在、DMM.HeHeの社長を務めるクラリス氏は、「私たちはルワンダだけでなく、アフリカ全体、さらにはアフリカ大陸外も視野に入れています。ルワンダは戦略的な理由から、拠点として選びました。ルワンダはEC市場を含むいくつかの東アフリカのトレンドを抑えられる環境が整っているため、サービスのテストをするのに最適な場所なのです」と話してくれました。

彼女らは「アフリカの抱える課題を解決する」ことを最終的な目標として、サービスを手掛けています。なので、なるべく早く規模を拡大して、アフリカ大陸全体で商品を流通させるとともに、アフリカ外市場へローカルの商品を輸出していくことを目指しているのです。

現在の“HeHe Business”の配送範囲はルワンダの首都であるキガリ市内だけですが、今後はルワンダ全国、更には東アフリカ全体へとサービスを拡大していく予定です。既に、他国への展開に向けた市場調査や関係者との話し合いも行っています。

一口にアフリカといっても、ビジネス環境は多岐に渡ります。そのため、DMM.HeHeではビジネス環境に適したサービスをどう生み出し、展開していくかを重要視しているそうです。「それぞれの国の事情を見ながら、アフリカ全体にサービスを展開していきたい」とクラリス氏は熱を込めて語ってくれました。

インタビューを終えて

今回、お話を伺う中でDMM.HeHeが目指すビジョンが非常に明確であり、またそれを着実に実行しているという印象を強く受けました。それは若手起業家としてこれまでルワンダで同社を導いてきたクラリス氏というカリスマ経営者に、DMM.Africaという力強いメンバーが加わったことで、さらに強力な組織が生まれたからなのかも知れません。

DMM.HeHeは、ルワンダを拠点としながらも、見据えている先はアフリカ大陸全土へのサービス提供です。これからも同社の取り組みに注目し、続報をお届けできればと思います。

関連記事

DMM.Africa、アフリカの奇跡”ルワンダ”で急成長するIT・フィンテック市場に本格参入!

ルワンダのIT界を牽引するDMM.HEHE!創業者にアフリカビジネスの秘訣について聞いてみた!

The following two tabs change content below.
凡
Africa Quest.com 編集長。1987年うどん県生まれ。証券会社退社後、青年海外協力隊としてケニアに赴任。在任中に雇用創出をビジョンにソーシャルベンチャーを共同創業し、約2年にわたり運営を行う。現在は、Africa Quest.comの運営や中小企業のアフリカ進出サポート、アフリカビジネスラボのモデレーターなど、アフリカをテーマに幅広く活動している。