6月16日の「アフリカ子どもの日」に合わせて、アフリカの9カ国140万人の若者を対象に、携帯電話を使ったメッセージ・アプリ「U-Report」を活用してアンケート調査が行われました。調査に回答した若者約8万6,000人のうち70%が「アフリカのリーダーたちは、アフリカで起きている紛争を止めるのに十分な取り組みをしていない」と答えました。

SMSでアンケート回答!アフリカで活用される「U-Report」とは!

NYHQ2015-0130

U-Report(ユー・レポート)は携帯電話のテキストメッセージ(SMS)を基盤としたシステムで、若者が地域でどのような問題に直面し、あるいは、さまざまな課題についてどのように考えているか発言する機会を与えるために開発されました。

U-Reportに参加する若者はダイレクト・メッセージを通じて回答や報告を行い、リアルタイムで集められたそれらのデータは、ウェブサイト上でマッピングされます。調査結果や意見は、若者たちのコミュニティにも共有される仕組みです。

現在、アフリカの15カ国を含む世界23カ国で利用されており、ユーザーは調査への回答や、問題の報告、そして、自国の人々を代表して、よき変化の担い手になることもできるのです。

「アフリカ子どもの日」に合わせて、140万人アンケート調査!

NYHQ2014-2092

6月1日から18日の間、ナイジェリア、ブルキナファソ、マリ、中央アフリカ共和国、セネガル、リベリア、ジンバブエ、カメルーン、ギニアの140万人を対象に、携帯電話を使ったメッセージ・アプリ「U-Report」を活用してアンケート調査が行われました。

U-Reportを通じて調査項目を受け取った15歳から30歳までの若者は、携帯を通じて、アフリカにおける紛争や危機に関する質問に対し、自らの意見に近いものを複数の選択肢から選び回答しました。

この調査が得られた結果は、6月16日の「アフリカ子どもの日」にアフリカのリーダーたちに報告されました。調査結果の一部は以下のような内容でした。

  • 「アフリカのリーダーたちは、アフリカで起きている紛争や危機を止めるのに十分な取り組みをしているか」に対し、70%が「していない」と回答。
  • 「アフリカは他の地域に比べ、より紛争が起こりやすいのはなぜか」という問いに対し、主な理由として、56%が「権力争いをする政治家たち」、19%が「不平等(格差)」、17%が「貧困」、4%が「食糧と水へのアクセス」と回答した。
  • 「紛争を止めるために、リーダーたちは何ができるか」の問いに対し、24%が「強い経済」、20%が「より自立した外交政策」、19%が「質の高い教育」、14%が「互いの対話」、10%が「他国との対話」、9%「安全保障」と回答した。

アフリカのさまざまな国で起こる人道危機

NYHQ2015-0474

アフリカで起きている人道危機は、近年、国境を越えて広がっており、安全を求めて移動する子どもたちや家族は増加しています。

中央アフリカ共和国では、周辺国にも広がっている複雑な人道危機により、120万人が安全面の問題に直面しています。カメルーン、チャド、ニジェール、ナイジェリアでは、130万人近い子どもたちが、ボコ・ハラムに関連する暴力によって避難を余儀なくされています。

2年以上紛争状態にある南スーダンでは、240万人近くが自宅を離れて避難し、そのうち72万1,000人が難民として暮らしています。危機下にあるブルンジでは、およそ26万5,000人が国境を越えて避難しています。

NYHQ2015-1805

U-Reportについてはこちらのサイトをご参考下さい>https://ureport.in/


引用元:ユニセフ|6/16は「アフリカ子どもの日」 若者の7割「紛争解決への努力足りない」 携帯電話による調査で明らかに 【プレスリリース】
写真提供:(公財)日本ユニセフ協会

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!