Webサービス・アプリ開発等のグローバルソーシング事業などを手がける”モンスター・ラボ“は、ルワンダ共和国の首都キガリ市に拠点を置く”HeHe Labs(ヘヘ・ラボ)“とパートナー契約を結びました。モンスターラボは、これまで企業が国内外の人材を国境・国籍を越えて活用するグローバルソーシングのIT領域におけるパイオニアになることを目指し、17カ国で約100社のIT企業とパートナー契約を結んできました。アフリカ企業とは初となる今回の提携を皮切りに、アフリカ市場への進出に挑戦します。

グロバールソーシング事業を手がけるモンスター・ラボ社とは!?

Monster Lab

グローバルソーシングとは、世界の最適な場所、最適なチームに、サービスを実現するための様々なプロセスをアウトソーシングすることです。IT領域の場合、対象プロセスは、ソフトウェア開発に留まらず、「企画」「UI/UX(ユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス)」「設計・開発」「グロースハック」「ローカライズ(現地化)」「マーケティング」など多岐にわたります。

モンスター・ラボは、国内130名、海外400名のエンジニア・クリエイター集団として、パートナー企業17カ国100社を抱えるWebサービス・アプリ開発等のグローバルソーシング事業「セカイラボ」を展開しています。また音楽サービス事業「モンスター・チャンネル」、モバイルゲーム事業を世界5カ国11拠点(東京・大阪・松江・成都・青島・上海・ハノイ・ダナン・シンガポール・サンフランシスコ・ダッカ)で展開しています。

今注目のアフリカ発のスタートアップ、”HeHe Labs”とは!?

HeheLab

今回、モンスター・ラボと提携した”HeHe Labs(ヘヘ・ラボ)“は、東アフリカに位置するルワンダにおいて、2010年に設立されたソフトウェア開発企業です。主力事業のソフトウェア開発はルワンダだけではなく、ケニア・タンザニア・ウガンダなどの東アフリカ共同体にまたがって市場展開しています。

また若手の起業家を支援するインキュベーター・オフィスとして、現地で起業家を育成し、地域の発展を活性化させることに貢献する事業も行っています。その中でもルワンダ発配車・物流サービスのquick rideなどは成長を遂げているアフリカ発スタートアップとして広く知られています。またヘヘ・ラボの事業展開のあり方、展望などはCNN、アルジャジーラ、TIME誌などにも取り上げられています。

アフリカ若手起業家30人にも選出!創業者、イリバギザ氏とは!?

創業者であるクラリッサ イリバギザ(Clarisse Iribagiza)氏は、Forbes誌でアフリカの若手起業家30人にも選出されるなど、地域を代表する優秀な女性若手起業家として評価されています。

2010年にヘヘ・ラボを設立し、ソフトウェア開発ビジネスに携わりました。現在は、経営をしつつインキュベーション・プログラムによってアフリカの若手起業家をサポートしながら、アフリカにおける将来の指導者を育成するために設立されたアフリカン・リーダーシップ大学にてMBAを取得しています。

次ページ>>なぜルワンダ!?両社が目指す4つの目標とは!?


1  2

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!