建設設備工事会社の大手であり、空調業界ではリーディングカンパニーである新菱冷熱工業は、アフリカの南東部のマダガスカル島東方のインド洋に浮かぶモーリシャス共和国に、日系建設業として初めて営業所を開設しました。モーリシャス国内で急速に進められる金融、IT関連インフラ需要の掘り起こしを図りつつ、アフリカ進出の足掛かりを掴みます。

建設設備で世界を狙う!新菱冷熱工業が進める海外展開!

新菱冷熱工業

建設設備を手がける新菱冷熱工業は、1956年に創業して以来空調設備や衛生設備、電気設備などを手がけてきました。特に空調業界においてはリーディングカンパニーとして、高い評価を受けています。

新菱冷熱工業は、業界に先駆け、1972年にいち早く海外展開を行い、東南アジア・中東を中心にインフラ関連工事、ホテル、病院及び工場など多くの実績を積み上げてきました。新菱冷熱工業は、2014年のミャンマー、2016年のカンボジアと積極的に営業所の開設を図っています。その結果、2015年9月期の連結受注高が2,509億円、そのうち海外受注高は800億円弱となりました。これは全体の30%を超えており、前年比でも大幅な増加とっています。

日系企業で初!モーリシャスに拠点設立でアフリカ進出を足掛かりを掴む!

新菱冷熱工業_モーリシャス

新菱冷熱工業は、アフリカの南東部に位置するマダガスカル島東方のインド洋に浮かぶモーリシャス共和国に、日系建設業として初めて営業所を開設しました。新菱冷熱工業は、にとってモーリシャスが3カ所目の海外営業所となります。

モーリシャス共和国は東京都とほぼ同等の国土面積に約146万人が暮らす小さな国ですが、GDPの成長率は約4%、1人あたりは10,000米ドルに迫っており、アフリカ諸国の中でも有数の発展を遂げています。近年整備されたビジネスパークには、インド資本などのIT企業が集積しつつあります。

今回の営業所開設により、今後モーリシャス国内で急速に進められる金融、IT関連インフラ需要の掘り起こしを図りつつ、アフリカ進出の足掛かりとします。またモーリシャス共和国と関係の深いインドにおいても2015年に駐在員事務所を開設し現在、市場調査を行っています。

新菱冷熱工業_モーリシャス営業所

新菱冷熱工業は、今後の発展が見込まれる新興国において、今までの経験と実績をもとに空調・衛生・電気・プラントの一括受注や交通・エネルギーインフラを中心に受注拡大を目指すとともに、地域の発展に寄与していきます。


Cover Image Photo credit: Heru Setyo H via VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!