アフリカ関連イベント2016年10月下旬編です。

今回は厳選した7つのイベントをご紹介!10月下旬は”食欲の秋”に相応しい、ザンビア料理やガーナのチョコレート、南アフリカのワインを堪能できるイベントが開催されます。また”芸術の秋”に相応しいアフリカ音楽を学べるイベントやライブもあります。ぜひ多くの方々のご参加をお待ちしております!


ザンビアフェア!-ZAMBIA FAIR-

gallery

この度、大自然溢れるザンビアのフードと工芸品フェアをデザインフェスタギャラリ—とデザインフェスタカフェ&バーでコラボ開催いたします。

みなさんはアフリカ大陸の一国、ザンビアをご存知でしょうか。日本ではまだまだ馴染みの無い国かもしれませんが、ザンビアの大使館は品川にあり、日本との国交もあるのです。

日本では大変希少なザンビアグッズの展示・販売を行います。もちろん、全てメイドインザンビアです!!ドレスやリング、ネックレス、お面や人形、絵画作品など。本来はザンビアの現地でしか見る事も手に入れることもできない、作品の数々を多数ご用意いたします!

《イベント概要》
【日時】2016年10月1日(土)〜 10月31日(月)
【時間】デザイン フェスタ ギャラリー (20:00まで)/デザイン フェスタ カフェ&バー(23:00まで)
【住所】東京都渋谷区神宮前3-20-18

【詳細】公式ページ

キ・アフリカ定例会 〜サイディアフラハの活動状況報告〜

2016年10月の定例会前半のアフリカ講座は、ケニアのキテンゲラで20年以上子供たちと女性のためのプロジェクトを展開しているNGOサイデアフラハ(主要活動は児童養護施設、幼稚園・小学校、裁縫教室、縫製工房)の荒川勝巳さんをお招きし『サイディアフラハの活動状況報告』というタイトルでお話していただく予定です。

後半のスワヒリ語講座(初級・中級コース)は、スワヒリ語初めての方にも初級コースを用意しています。興味のある方はぜひ参加ください。(参加される方は直接会場へお越し下さい。)

《イベント概要》
【日時】2016年10月16日(日)13:00-16:00
【場所】JICA地球ひろば603議室(東京都新宿区市谷本村町10-5
【参加費】会員(社会人):500円/会員(学生):無料/一般:1,000円/学生:500円

【主催】キ・アフリカ
【問い合わせ先】キ・アフリカ永棟(e-mail:tnagamune@nifty.com)

南アフリカプレミアムワインの会(カノンコップ&ベリンガム)

14500385_643396009171303_6059192521512534999_o

南アフリカから有名生産者「カノンコップ」と「ベリンガム」が2社同時来日します!!そこで、彼らのワインをメインにワイン会を開催致します。凄い夜になりそうです♪♪

1.ワイン会のポイント

①南アフリカで最も投資価値のあるワインとされた「カノンコップ ポールサウアー」を嗜む!!

⇒WSJによると、南アフリカの高級ボルドースタイルのワインは、最もコスパの良い高級ワインと言われており(参照:南アの高級ワイン、コストパフォーマンスは最良)、先日、ジャンシスロビンソンMWが満点を付けたワイン「George Spies」もこのスタイルのワインです。その後、「George Spies」は、日本円で約20万円近くまで高騰し、南アフリカで最も高額なワインと話題になりました。

そんな中、今後、最も価格が上昇するだろうと言われているワインの代表格がこの「カノンコップ ポールサウアー」です。IWSCでは過去に何度も世界一の座に輝いているワインです。

②カノンコップ高級ピノタージュのヴィンテージ比較(2006 vs 2014)

⇒ピノタージュにおいて何度も世界一の称号を獲得している力強く、滑らかなカノンコップのピノタージュ!!2006年ヴィンテージの入荷は、日本国内にたった36本という超希少なヴィンテージです!!10年間の熟成がどのように変わっているか!?現行ヴィンテージとブラインド比較試飲!

③ベリンガム ローヌスタイルのワインを検証!!フランス ローヌワインと対決!!

⇒近年、南アフリカでは、シラーなどのローヌ品種のワインの活躍が目立ちます。ティムアトキンMWが今年の最高点98/100を付けたのもシラーです。
綺麗なベリンガムのシラーとローヌ地方のシラーを比較試飲して頂きます!!

2.来日生産者の概要

◆カノンコップ

ティムアトキン格付1級で大御所。赤ワインのポールサウアーは、南アフリカで最も投資価値のある赤ワインと評され、ピノタージュは何度もIWSCにて世界一を獲得するなどの実績がある実力派のワインメーカーです。カノンコップの現地ワイナリー写真はこちらから!

◆ベリンガム

革新的で常に新たな挑戦を続けているベリンガム。2003年には、南アフリカで初めてローヌスタイルのワインを造った生産者です。多くの種類のワインを造っていますが、一貫して不干渉主義でナチュラルなワイン造りを行っています。彼らのワインもまた非常に評価が高く、シラーが南アフリカで最も権威あるワインガイドブック「ジョンプラッターズワインガイド」で最高評価の5つ星を獲得しています。

3.料理について

ワイン会なので、料理も非常に重要です!!今回の会場は、燻製料理で有名な「燻製Dining Ojiji」。「美味しい燻製料理」と「美味しいワイン」を思いっきり楽しみましょう!!燻製肉や燻製チーズなど様々な燻製料理が食べれらます。ワインに良く合う燻製料理の提供をお店にお願いしていますので、是非こちらのマリアージュも楽しみにしていてください。

《イベント概要》
【日時】2016年10月24日(月) 19:00~
【場所】燻製ダイニング Ojiji(東京都港区芝大門1-15-3 GEMS大門 7F)
【ワイン】カノンコップポールサウアーなど、赤ワイン5~6種、白ワイン2種程度をグラスでご用意。
【料理】燻製料理フルコース
【費用】8800円(10/10までの事前予約の場合。当日は9000円)
【お申込み】チケットをリンクよりご購入お願いいたします。

【主催】リカーショップ アフリカー
【共催】㈱マスダ

次ページ>> 国際交流カフェ!マイクロファイナンスフォーラムも!


1  2  3

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!