第一生命保険は、コートジボワールに本部を置くアフリカ開発銀行(AfDB)が発行する「フィード・アフリカ・ボンド」への投資を実施しました。食糧の確保という重要な課題解決のためにAfDBが実施する事業である「フィード・アフリカ」プロジェクトに対して、世界で初めて発行される債券の全額を購入しました。

アフリカ開発銀行が発行!世界初の「フィード・アフリカ・ボンド」!

8690184306_c96bde6416_z

アフリカでは農業が重要な産業であるにもかかわらず、依然として食糧の純輸入地域となっています。アフリカ開発銀行(AfDB)の「フィード・アフリカ」プロジェクトは、AfDB の5つの優先分野(「Feed Africa」、「Light up and Power Africa」、「Industrialize Africa」、「Integrate Africa」、「Improve the quality of life for the people of Africa」)の1つです。アフリカ農業の可能性を追求することによって、2025年までにアフリカを飢餓と栄養失調から解放し、アフリカを食糧純輸出地域とし、更に輸出指向バリューチェーンのトップにアフリカが位置することを目指します。AfDBはこれらの目標を達成するために、農業部門への公的・民間投資を合わせて、これまでの年間約6億米ドルの投資規模から次の10年間で24億米ドルへと4倍に拡大させることを計画しています。

また、アフリカ大陸のGDPのうち農業が占める割合は約3分の1、アフリカの労働者の60%以上が農業に従事していますが、一方でアフリカ全人口の約4分の1にあたる人々が栄養不良に直面しています。今回、資金調達を実施するフィード・アフリカ・ボンド(Feed Africa Bond)は、今後アフリカの人口が2050年までに現在の約12億人から約25億人へ増大すると見込まれる中、食糧の確保という重要な課題解決のためにケニア政府が実施する「小規模灌漑及び農業バリューチェーン開発事業」などAfDBが実施する事業に充てられます。

第一生命、アフリカの農業分野におけるファイナンスを支援!

第一生命は近年、E.S.G(Environment、Society、Governance) の視点を盛り込んだ資産運用に積極的に取り組んできました。その一環として、アフリカ地域における農業バリューチェーン、農業ビジネス向けファイナンスを支援し、農業技術革新、農業インフラ整備を通じた生産性向上、高付加価値農産物加工品の生産拡大、更には飢餓・貧困の撲滅への貢献を目指すAfDB のフィード・アフリカ・ボンドの趣旨に深く賛同したため、全額購入しました。

今回の購入に対し、第一生命は「機関投資家として世界で初めて本債券に投資することにより、AfDB の取組みに対して金融面でのサポートができることに大きな社会的意義を見出しています。また、資産運用の観点でも高い安全性を確保しつつ、魅力的な収益を期待できる希少な投資機会であると考えています。」とコメントしています。

次ページ>> 債券の概要は!?AfDBもコメントを発表!


1  2

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!