アフリカ関連イベント2016年12月下旬編です。

今回は厳選した9つのイベントをご紹介!12月下旬は年末にふさわしいアフリカをテーマにした忘年会や交流パーティーが盛りだくさんです!またアフリカでビジネスに挑戦している起業家たちが集まるスペシャルなセミナーも開催されます。ぜひ多くの方々のご参加をお待ちしております!


普段の仕事でも使える組織の問題解決法を用いたキャリア構築について-青年海外協力隊から大使館職員になるまで-

在ボツワナ日本国大使館に勤務されている植村佳弘さんをお招きし、ご自身のこれまでのご経験やキャリアパスについてお話いただきます。

高校時代に、「途上国に貢献したい!」と考えた植村さんが、35歳の現在まで、どのようなキャリアプロセスを歩んできたのか。青年海外協力隊を志望した理由とその準備、協力隊員としてのボツワナでの活動、外務省任期付き職員としての在外公館での業務を踏まえながら、ご紹介いただきます。

また、植村さんご自身が実践されてきた、これらのキャリアパスの背景にある「問題解決方法」についても解説いただきます。それぞれの組織の実務をする上で活用できる同手法を用いて、キャリアを設計し、実行していく方法についてお話いただきますので、国際協力のキャリアパスや開発途上国で働くことに関心のある方、ぜひご参加ください。

《イベント概要》

【日時】2016年12月14日(水)18:30~20:00
【場所】JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5)
【参加費】無料
【定員】100名(先着順)
【申込み】イベントページ

【主催】JICA地球ひろば
【連絡先】chikyuhiroba@jica.go.jp(JICA地球ひろば 地球案内デスク)

AfricanNight@Casaco~日本の古民家でアフリカの夜を~

15327426_1223367274369175_5136770675153710082_n

古民家を改築したCoCの事務所Casacoでアフリカンナイトを行います!今回のイベントはアフリカで活動するNPO法人Global Bridge Network(GBN)とのコラボ企画です!GBNは2016年に設立され現在アフリカのウガンダで活動しているNPOです。設立者がCoCメンバーと同じ大学出身だったという縁で今回の企画が決まりました!

アフリカと聞くと「怖い、危ない、貧しい」といったイメージを持つ人が多いかもしれませんが、豊かな自然や多様な文化を持つ国が多く旅行先としても人気です。今回のイベントではアフリカを身近に感じられるようにダンスやクイズ、アフリカの一般料理などを準備しています。アフリカを好きな人もアフリカに行ってみたい人も是非お気軽にご参加下さい^^

カメルーンやウガンダなどアフリカ出身の人も多数参加予定です。ビール片手に気軽な国際交流を楽しみましょう^^

《イベント概要》

【日時】2016年12月18日(日) 15:00~19:30
【場所】Casaco(横浜市西区東ヶ丘23-1)
【参加費】1500円(軽食+1ドリンク)
【申込み/詳細】Facebookページ

【主催】NPO法人Global Bridge Network
【連絡先】問い合わせ:info@coc-i.org
【記事提供元】Facebookページ

Link Project Vol.64 ウガンダの女性が誇るブランドを世界に向けて発信!

15039555_1215454688500802_7722058851888376455_o

Link Projectとは、話し手と参加者のコミュニケーションによって、お互いのことを深く理解し、新しい活動が生まれることを目指しています。Vol.64ではウガンダ発のファッションブランドRICCI EVERYDAYのディレクションを手掛ける仲本より、創業秘話や事業内容、今後の展望、アフリカビジネスの面白さと大変さなどをお伝えします。

《イベント概要》

【日時】2016年12月19日(月)(18:30受付開始)
【場所】ソーシャルビジネスラボⅡ(東京都中央区日本橋蛎殻町1-24-4井川ビル2F)
【参加費】500円
【定員】18名
【申込み】http://ptix.co/2fZ8wAJ

【記事提供元】Facebookページ

アフリカ最前線!!~ルワンダIT教育実践と視察報告会

15304066_2182971505261810_2507738801041009635_o-1

「アフリカのシンガポール」と呼ばれるルワンダ。アフリカで最も人口密度が高く、成長著しいIT立国。市内には4Gのwifiバスが通り、世界初のドローン空港が建設中、一人一台タブレット普及運動・・・。大虐殺から20年以上経った現在のルワンダは「IT立国」へと変貌を遂げています。カリスマ大統領ポール・カガメ氏率いるルワンダ政府は「VISION2020」(中長期的な国家開発計画)を掲げ、「知識集約型経済の実現」を目指しています。

私は、そんなルワンダに渡航し、現地の小学校でIT教育を行い、現地の行政機関(ICT商工会議所)、JICA、民間企業(IT及び教育)、ルワンダ国立大学、オンライン大学など様々なところに訪問しました。現地で暮らす人々は勿論のこと、行政や企業、教育機関の取り組みのどれもが予想外を超えるものでした。そして、今回その実体験と生の声を多くの方に知って欲しいと思い、視察報告イベントを企画しました。

現地で購入した美味しいルワンダコーヒーと特別なマカダミアナッツをご用意していますので、お気軽にご参加下さい。また、ネットでは発信できないノーソーシャルコンテンツや来春のプログラムの発表もございますので、何が話されるのかは当日までのお楽しみ!!当日は、現在ABEイニシアティブという国費留学制度で早稲田大学に留学しているルワンダ人も登壇致します。皆さまのご参加お待ちしております。

《イベント概要》

【日時】2016年12月20日(火)19:30~21:30
【場所】ジーニアス貸し会議室(東京都千代田区神田和泉町1-12-17久保田ビル5F)
【参加費】学生1500円、社会人3000円
【申込み】Facebookページ

【主催】ルワンダIT教育プロジェクトチーム
【記事提供元】Facebookページ

アフリカビジネスラボ Special!!〜 アフリカでビジネス創出に挑戦するソーシャル・イノベーターたちの話〜

15268066_1625334704427061_4416077413279165946_n

人類発祥地、アフリカ大陸。アフリカはラストフロンティアとも呼ばれ、今世界中から注目を浴びる巨大市場です。現在、総人口は約11億人。その市場規模は200兆円とも言われています。しかし、そんな可能性に満ちた場所で活動する日本人はまだ多くはありません。

日本からはまだ心理的にも物理的にも遠いアフリカ。アフリカと日本をもっと近くしたいという想いから、アフリカビジネスラボを毎月開催します。現地で活躍するゲストを招いて、アフリカについて語り合いましょう!

第8回目のゲストはアフリカでビジネス創出に挑戦している4名の起業家をお招きします。1人目は、andu amet(アンドゥアメット)の鮫島弘子さんです。andu ametは、最貧国の1つエチオピアで世界最高級のエチオピアンシープスキンを使用したバッグを製作しています。2人目は、アフリカインキュベーター(Afri-inc)の永井健太郎さんです。Afri-incは急成長するアフリカの流通市場に対して、消費財・農業セクター流通網構築に向けたスマホ用アプリ「SENRI」をメーカー・卸会社の社員向けにを開発・販売しています。3人目は、RICCI EVERYDAYの仲本千津さんです。RICCI EVERYDAYは、シングルマザーたちとともに、カラフルでプレイフルなアフリカ布を使用したバッグやトラベルグッズを企画・製造・販売しています。4人目は、農業ベンチャーの海外事業担当としてウガンダで農産物の流通事業を展開している坂ノ途中の宮下芙美子さんです。

もちろん、アフリカを全然知らない方も大歓迎です!会場は近年スタートアップが集うホットスポット”五反田“のJR駅から徒歩1分です。こんな豪華なメンツが揃うことはめったにありません!100名限定ですので、ピンと来たらお早めにご予約下さい。

《イベント概要》

【日時】12月21日(水)18:45~21:00
【場所】アリアル会議室 五反田駅前本館 3階(東京都品川区西五反田1丁目2−9 アリアル五反田駅前ビル)
【定員】100名
【料金】事前申し込み:1,300円/当日ドタ参:1,500円(事前予約状況で締め切る場合があります)
【事前申込み】http://africabusinesslab8.peatix.com/view

【主催】アフリカビジネスラボ実行委員会

次ページ>> 音楽ライブに大忘年会!年末でアフリカ満載!


1  2

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!