アフリカオンラインコミュニティ”Africa Quest Innovation Hub (AI-HUB)“をプレローンチして1か月が経ちました。今も現在進行形でスタートアップメンバーとして参画いただいた20名の方々と意見交換しながら、どういうコミュニティにするかを議論しながら進めいます。

正直、まだまだ発展途上のコミュニティではありますが、”AI-HUB”のポテンシャルを色々考える中で、もっと多くの人を巻き込んでいきたいと思いました。

ですので、7月1日よりAI-HUBを一緒に作り、盛り上げてくれるスタートアップメンバー(第2期)を募集します。今回の募集は一般枠25名、学生・社会人枠15名です。

新プロジェクト、AI-HUBが始動!

rectangle_large_type_2_44eb2352afb96e1196490b73220f9666

2019年6月、アフリカクエストはよりアフリカに挑戦する日本人を応援すべく、新たなプロジェクト”Africa Quest Innovation Hub(AI-HUB)”を発足させました。

AI-HUBは、アフリカに挑戦する日本人を応援するための会員制オンラインコミュニティです。アフリカという場所に興味がある人や好きな人が集い、参加者全員の発想やアクションで、アフリカでのプロジェクトを創出・支援してきます。

コミュニティ内では、アフリカに関する情報やネットワークを得られるだけでなく、自分がアフリカで挑戦したいプロジェクトをメンバーと共に実践したり、メンバーが挑戦するビジネスを応援したりすることできます。

目的はビジネス、国際協力、旅行(バックパッカー)、ダンス・音楽、などヒトそれぞれ!アフリカ大陸を舞台におもしろいことをしたいメンバーが集まり、実際にアフリカへ飛びだしましょう!

現在そして今後、多くの日本人がアフリカに渡航し、そしてより現地に大きなインパクトを起こせるプラットフォームを目指します。

現在参加しているメンバーは、大学生、大学院生、現役協力隊、経営者、アフリカでのインターン生、コンサルタント、NGO、JICA、民間企業など様々なセクターから、”アフリカ”をキーワードに活動しています。

今までこんなことやりました!

IMG_7344

手探りの中、このプレローンチ期間の直近1か月は色んなことにチャレンジしました。日々試行錯誤しながら、下記の様なことをAI-HUB内で実施してみました!

1)日々の情報交換!

メンバー同士でアフリカに関する情報やニュースなんかを日々共有しています。

また、予防接種や飛行機の便などアフリカ諸国に渡航する際の情報を素朴に聞ける質問版としても活用されています。

2)ライブ配信!

IMG_7342

アフリカビジネスラボSP4や課題解決ワークショップイベントの講義、現役協力隊とのトークセッションなどの内容を、メンバー限定でYouTube Liveを行いました。

また過去の配信はアーカイブ化し、いつでも見られるようにしています。

3)イベント企画

これからやっていきたい企画や勉強会を話し合っています。実際にTICADプレイベントとアフリカ史を学ぶ勉強会は7月より実施していきます。

4)勝手にオフ会!

IMG_7173

AI-HUBメンバーがテンポラリーで店長やっていたバーや出展していたフェスティバルに、メンバー各自が勝手に遊びに行って、AI-HUBメンバー同士で勝手に飲んでいます(笑)あとは僕がアフリカ界隈の飲み会に行く時に、勝手にゆる募したりしています。

5)Africa Quest内企画

Africa Quest.com内でインタビュー取材などを行う際に、サポーターとして立ち会ってもらっています。アフリカ各地で活躍されている方々の生の声を直接聞くことができます。

6)凡の部屋!

主宰者の一人でAfrica Quest.com編集長やコンサルタント、NGO運営など様々なアプローチでアフリカと関わっている横山(凡)が定期的にブログを更新しています。

日々活動の中で考えることで、実感しているトレンドなど、まだ表に出せない裏情報をざっくばらんに投稿しています。

一部公開すると上記の記事に当たります。ただこの記事も僕の経験という具体例を入れた加筆バージョンをコミュニティ限定で公開しています。

これからこんなことやります!

IMG_7343

上で紹介した内容に加え、7月以降もまだまだ新しいことに取り組んでいきます!

1)イベント企画!

8月末にTICADプレイベントを開催します!アフリカビジネスラボの特別版あり、ダンスあり、ファッションありで世代を問わず、色んな方が集まれるイベントにしたいと思っています。実行委員、募集中です!

2)勉強会の開催!

ゼミナールとしてアフリカ史をみんなで学び合おうという企画を実施します。なかなか勉強することもないし、一人で勉強すると眠くなるアフリカ史をメンバー間で勉強し合うことで、身に付けていこうと思います。

改めてスタートアップメンバー、募集します!

AI-HUB

アフリカ各国に渡航・挑戦するために、AI-HUBをもっと活用してくれるスタートアップメンバー(第2期)を、7月1日より募集します。

今回の募集は一般枠25名、学生・協力隊枠15名の予定で募集は先着順となります。

ちなみに第1期メンバーは一般枠10名、学生・協力隊枠10名を募集しましたが、一般枠は48時間、学生・協力隊枠は5日で定員に達しました。正直、私も驚きました。

定員に達しない場合はいつでも加入いただけますが、月額費という性質上、月初に入っていただいた方が若干お得な感じですので、ぜひご検討ください。

あと是非ぜひ、学生及び協力隊の方お待ちしています!社会人は確かに多いですが、TICADプレイベントも大学生とのコラボで誕生しています!協力隊も現場の声をドンドン届けてもらって、ガンガン応援できればと思っています。

オンラインコミュニティの入会はこちらから!

The following two tabs change content below.
凡
一般社団法人アフリカクエスト代表理事 (Africa Quest.com 編集長 /アフリカオンラインコミュニティ AI-HUB主宰)& ケニア現地法人代表(コンサル&PR事業)& NGO PLAS 理事。|証券会社を経て、青年海外協力隊としてケニアへ渡航。貧困地域に暮らす女性たちへの収入向上支援を行いながら、ケニアに雇用を生むことをビジョンにソーシャルベンチャーを共同設立。2015年9月まで約2年にわたり経営を行う。現在は、ケニアを拠点に農業・食品関連ビジネスの立ち上げ、日本企業のビジネス進出支援、Webメディア運営や講演・セミナー講師などアフリカと日本を繋ぐコーディネーターとして幅広く活動中。