実はあなたの名前も!?東アフリカの公用語であるスワヒリ語が日本語に似ていて覚えてやすい!

あなたの名前はスワヒリ語!名前に隠されたスワヒリ語の数々。

IMG_0039

日本語の名前なんだけど、
スワヒリ語でも意味を持つ名前がいくつかあります。

まずは名字のご紹介。
有名なのはこのお三方です。

「近藤(Kondo)」さん
「宮下(Miyashita)」さん
「坂田(Sakata)」さん

それぞれ意味が
「羊」「 600」「腰を振って踊る」という意味になります。

その他にも意外なところで
「澤(Sawa)さん」や「笹本(Sasamoto)」さんも。
意味は、「OK」と「今燃えている」という意味です。

スワヒリ語の名前もあります。

「くみ(kumi)」さんは「10」で、
「ゆうこ(yuko)」さん「あなた」という意味です。

この名前の人は一瞬でケニア人に名前を覚えてもらえると思います。

ちなみに僕の名前は「横山(Yokoyama)」だったので、
最後まで「横浜(yokohama)」と呼ばれ続けました。。。

こうして見ていくと、スワヒリ語って面白いですね。

最後に僕の好きなスワヒリ語のことわざをご紹介。

Vilima na vilima havikutani binadamu wanakutana
(山と山は会うことができないが、人と人は会うことができる)

番外編)絶対に言ってはいけない日本語!(R-18?)

6895480710_599fc48421_c

ケニアで絶対に言っては日本語があります。
それは「熊本( Kumamoto)」です。

意味は「女性器が熱い」です。
むやみに使うと下品に見られるか、男性にセクハラされます。

「Kuma」が女性器に当たることばなので、
お土産に「クマモン」グッズは避けましょう!

ちなみに僕はたまたまクマモンの小さな人形を持っていて、
近所の子供に「これ何ー?」っと聞かれてしまい、
「ブラックベアー」でゴマかしました。

くれぐれもご注意を!!


Photo credit: Christian Kaden via VisualHunt / CC BY-NC-ND

1  2

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください