ツァボン・キャメル・パーク(Tsabong Camel Park)

DSC_6902

南西部の町ツァボン(Tsabong)にあるラクダがいっぱいる場所。ラクダに乗ったりもできます。2014年ごろからオープンした割と新しいテーマパークです。ツァボン周辺の警察が昔はパトカーや馬 ではなくラクダを使っていたそうで、そのラクダが必要なくなったから、観光資源にしようという試みでスタートしたんだとか。ツァボンは今まであまり観光地としては有名ではなかったので 集客が期待されます。

行き方
首都ハボロネからはツァボン行きバスが出ています。キャメルパークは町のはずれの方にあるのでタクシーなど要交渉かと。中心街よりハボロネよりにパークはあります。

詳細はボツワナ情報サイトGAPE ツァボンを参照してください。

 

モレミ・ゴージ (Moremi Gorge)

DSC_3003

東部の町パラペ(Palapye)から1時間くらいのところこにある、モレミ(Moremi)村の観光スポット。乾燥したボツワナには珍しく、渓谷になっていて川があり滝がある場所です。 雨季後半からがシーズンで大体1〜5月くらいは水がある模様。乾季は水がないという話・・・

行き方
バス:ハボロネからパラペでモレミ行きに乗り換え。バス停からゲートハウスまで徒歩で行くのはちょっと遠いけど行けなくはない。

車:モレミ村までは道路標識、村以降は看板が曲がり角にたっています。普通車でいくことも可能です。

詳細はボツワナ情報サイトGAPE モレミ・ゴージを参照してください。

 

クイハバ洞窟 (Gcwihaba Caves)

DSC_6442

北西部にある鍾乳洞。クイハバとはコン族(ブッシュマンの一つの民族)の言葉でハイエナの穴という意味。かなり真っ暗でたどり着くまでも人があまり入らない場所のため冒険要素が強い。 近くの村のトラストが運営している。ガイドはコン族の人がしてくれます。

行き方
セルフドライブ:オフロード200km近い運転になるので、かなり慣れていないとつらい。マウンからシャカウェーへ向かう途中を左折だが、位置はGPSで要確認。ガーミンなどのナビが必要かも。

ツアー:近くのロッジに頼めばツアーはやってくれると思う。遠いので高いと思われる。

詳細はボツワナ情報サイトGAPE クイハバ洞窟を参照してください。

 

いかがでしたでしょうか、是非ボツワナにきたらコミュニティ・プロジェクトで運営されている観光地に立ち寄ってみてください!!!

The following two tabs change content below.
Hiromi Ame
グラフィックデザイナー。東京の広告制作会社2社に合計約8年の勤務を経て、2014年7月より青年海外協力隊で南部アフリカのボツワナに派遣、国立博物館の制作部にデザイナーとして配属されています。アフリカにいながらカンボジア(東南アジア)のNGO団体の広報活動の仕事もしていたりします。他国ボランティアからデザインの仕事も引き受けていますので、お気軽に連絡ください。