21729114_1452781694758637_589450412_n

こんにちは! 恋する旅ライターかおりです。
日本からは心理的にも物理的にも遠いアフリカ。そんな日本とアフリカの距離を縮めたいとの想いから、2016年より毎月開催されているイベントが、「アフリカビジネスラボ」です。

今回は、アフリカビジネスの第一線で活躍されているお2人がゲスト。JETRO(日本貿易振興機構)ナイロビ事務所の島川博行さんと、ウガンダ発・静岡発のトラベルブランド「RICCI EVERYDAY」の創業者・仲本千津さんです。

実は、仲本さんは私がアフリカに強く興味を持ったキッカケを作ってくれた方で、以前、イベントでもご一緒させていただきました。

前半は島川さんによる「ケニアのビジネス事情」、後半は仲本さんによる「アフリカビジネスにまつわるお話」です。アフリカでのビジネス展開を考えている人にとって、有益な情報ばかり! アフリカについて知りたいという方も、ぜひご覧ください。

ケニアではインターネット利用者数が約90%!

21769370_687999038071601_1924454127_o
JETRO ナイロビ事務所の島川さん

先日私は、アフリカのトイレ事情をリクシルさんに取材したのですが、衛生環境の改善が課題になっている一方で、なんとケニアのインターネット利用者数は人口比の約90%(2016年時点)。日本のインターネット利用率は83%(2015年末時点)なので、なんと日本よりもケニアのほうが利用率が高いんです。これ、驚きじゃないですか?

ケニアの携帯電話の普及率は約84%。成人のインターネットアクセス率は42%、成人のスマートフォン所持率は26%と、こちらもかなり高い比率となっています。人々は、常にコミュニケーション用SNS「WhatsApp」でメッセージをやりとりし、Facebook、Twitter、Instagramも日常的に使われているのだとか。

そして、携帯電話やスマートフォンの普及に伴い増えているのが「モバイルマネーの利用者数」です。モバイルマネーとは、携帯電話やタブレットなどのモバイル端末を利用して金融取引などのサービスを行うこと。

島川さん「ケニアにはモバイルマネーサービス代理店がたくさんあり、そこに携帯・身分証・お金を持っていくと、携帯電話にひも付けられた口座(M-PESA口座)にデポジットを入れてもらえます。このデポジットは他のモバイルマネーのM-PESA口座に送金することが可能です。モバイルマネーの送金を受けたら、代理店にて現金化ができます」

銀行間の口座振込を携帯電話間でできるという感じですね。このモバイルマネーの利用者数は人口比70%と、こちらもケニアで一般的に使われていることがわかります。

テクノロジーを駆使したケニアのスタートアップ企業の紹介

21705937_687999068071598_1173710876_o
真剣な面持ちで聞き入る参加者のみなさん

このようなケニアの環境変化とともに、テクノロジーを駆使した新規ビジネスが多数生まれているそうです。

M-Shwari (モバイルマネーでのみアクセス可能な銀行口座)

島川さん「アフリカでは銀行口座の普及率が20%未満の国が多数。モバイルマネーは送金や公共料金の支払いは可能ですが、銀行口座の機能はありません(預金に対して利息がつかない。借入ができない)。そこで誕生したのが、モバイルマネーでのみアクセスできる銀行口座です」

【サービス概要】

  • モバイルマネー(M-PESA)を使って銀行口座の開設が可能
  • M-SHWARI口座からM-PESA口座への出し入れが可能、手数料はなし
  • 1Ksh(約1円)から預金が可能、利息は日ごとで計算され、支払いは3カ月ごと
  • ksh.100からローンの借入が可能。申請から数秒で口座に振り込まれる(ローンを申請するための一定条件あり)

【実績】

  • 2012年11月にサービス開始して、約1,600万ユーザーに拡大
  • 年間のローン総額がksh.100billion(1,041億円)に達した

次ページ>> 医療系、教育系スタートアップの事例を紹介!


1  2  3  4

The following two tabs change content below.
恋する旅ライターかおり/小林 香織
2014年ライターデビュー。約15年間の会社員生活を経て、フリーランスに転身。東京を拠点に、ときどき国内外を旅しながら、地球上にあふれている心ときめくストーリーを綴る。働き方を含めたライフスタイル、人生ストーリー、旅、恋愛、体験記など、幅広く執筆。生き方の選択肢を提供し、自由にライフスタイルを選びとれる人を増やすことがミッション。ウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY」との出会いを機に、アフリカンプリントに一目惚れ。