image26

マラウイで初の日本人宿をオープンしました!

オープンのきっかけ!!

image25

最近までホテル暮らしをしていたのですが、頻繁に停電したり、ゴキブリが大量発生したり、盗難が心配だったり、、なかなか安心して生活できる場所がマラウイの中で見つかりませんでした。

もちろんマラウイの生活水準に合わせた暮らしをするのも醍醐味の1つなのですが、「安心して泊まれる部屋を提供できないとマラウイに来る日本人が増えない!」と感じました!

そこでゲストハウスをオープンすることにしました!

1) ロケーション

image8

マラウイの首都リロングウェの中でもセキュリティが高いエリア9にあります。

マラウイ唯一のケンタッキーから徒歩10分、GAME, SHOPLITEなどのショッピングモールから徒歩20分の位置にあります。

2)料金

image8

1泊10000MKW/人、ブログなどでシェアしていただける方は5000MKWオフになります(2018年2月末まで)!!

観光案内や空港のタクシー手配などもできます。

3)ゲストハウスの写真

お部屋と共有スペースの写真です。

image37
▲共同ダイニングリビング

image6
▲寝室

image29
▲ロッカー

image23
▲トイレ

image30
▲寝室

image24
▲バスルーム

image36
▲階段(寝室は2階です)

image31
▲共同ダイニングリビング

image40
▲ホール

image27
▲テラス

4)設備

キッチン、ダイニング、リビング、寝室、トイレ、クローゼット、屋外テラス、シャワー、無料WI-FI(マラウイで1番速い)、食器一式、扇風機、箸、コップ、蚊帳、ジェネレーター(停電時も電気が使えます)

image28
▲ジェネレーター(停電時も電気が使えます)

image34
▲ポット

image39
▲ファン

image38
▲キッチン

image32
▲無料Wi-Fi

5) セキュリティ

敷地内には警備員が常駐しています。またエリア9は私たちの他に日本人が住んでいるエリアなので比較的安全です!!

宿泊者も日本人が多いのでコニュニケーションを楽しむことができます。

まとめ

オーナーは2人の日本人です。旅行者の方とお話ができるのを楽しみにしています。コンタクトは私たちの個人ブログに飛んで「CONTACT」よりご連絡ください。宜しくお願い致します!

The following two tabs change content below.
Nobuo Tamura
マラウイで活動を行っている田村です。アフリカのもつ可能性に魅力を感じ活動を始めました。得意分野は大学から学んできた建築、小さいころから描いてきたグラフィックデザイン。加速していくアフリカと活動するのが何より刺激的で楽しいです。宜しくお願いいたします!マラウイの会社ブログもやっているのでご覧ください。ブログはリベラルアーキテクツ建設設計士事務所から