ティファニーは、ライオンとサイの新たなデザインが仲間入りした「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」を2018年9月14日に発表しました。売上利益の100%を野生動物保護ネットワーク、並びに絶滅危機に瀕しているアフリカの野生動物を救うために活動している革新的なファンドに寄付されます。

ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクションとは!?

ティファニー
ペンダントチャーム(18RG) 各79,000円(税抜)

ティファニーは、持続可能な発展と環境保護へのティファニーの継続的取り組みの一環として、「エレファント・クライシス・ファンド(ECF)」をサポートするための特別なコレクション、「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」を2017年に発表しました。エレファント・クライシス・ファンドは、セーブ・ジ・エレファント(Save the Elephants)と野生動物保護ネットワーク(Wildlife Conservation Network)が、レオナルド・ディカプリオ財団とのパートナーシップにより設立した合同イニシアチブで、象の密猟や象牙の違法取引と需要を撲滅することを目指しています。

「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」の売上利益の100%は、絶滅が危惧されているゾウ、サイ、ライオンの保護活動のサポートにあてられます。例えばゾウは現在、象牙の密猟と生息地の消失により深刻に脅かされ、絶滅の危機に瀕しています。象牙の違法取引や密猟により殺されていくゾウの数は毎年30,000頭に上ります。ティファニーは、商品に使用されるダイヤモンドやジェムストーンの多くの原産地であり、ダイヤモンドのカッティングや研磨の工房があるアフリカ大陸の環境保全を特に重視しています。

ティファニーは、#KnotOnMyPlanetキャンペーンに賛同して2017年のコレクション発表後、密猟や不正取引の撲滅、象牙の需要縮小を目指す活動をサポートする寄付金として、2018年4月までに当初の保証額の2倍以上にあたる200万ドル超の資金を集めました。

その結果、野生動物保護ネットワーク傘下のエレファント・クライシス・ファンドはパートナーたちと力を合わせ、中国と香港における象牙国内取引禁止に向けて活動を展開しました。このたび新たなチャームを投入することで、人々の問題意識を高めると同時に、絶滅危惧種の野生動物や環境の保護に必要とされる資金面での援助を継続して行っていきます。

ライオンとサイのデザインが新たに登場!

d10426-126-178150-1

ティファニー セーブ ザ ワイルド リボン エレファント ブローチ[シルバー、ツァボライト]

エレファントモチーフのチャームとブローチで展開されるジュエリーコレクションは、18Kローズゴールドにダイヤモンドをあしらい、スターリングシルバーにはアクセントとしてツァボライトをセットしました。ケニアのツァボ国立公園の近くで発見されたツァボライトは、1974年にティファニーが初めて世界に紹介した宝石です。

sub3sub2sub1
サイチャーム(SS×18RG)、ライオンチャーム(SS×18RG)、ゾウチャーム(SS×18RG)

今回新たにライオンとサイのデザインが仲間入りし、コレクションの幅が広がりました。スターリングシルバーと18Kローズゴールドを使用した新作チャームは、2018年9月15日より限定店舗およびオンラインで購入することができます。

ティファニーのチーフ・サステナビリティ・オフィサーのアニサ・カマドリ・コスタは同コレクションについて「ティファニーは180年以上にわたり、自然界の美しさからインスピレーションを得てきました。だからこそ、私たちには自然を保護する倫理的義務があるのです。野生動物保護ネットワークの重要な取り組みを通じて、野生動物保護のサポートができることを光栄に思います」とコメントしています。


The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!