損害保険ジャパン日本興亜株式会社をはじめとする保険会社を傘下に持つSOMPOホールディングスとアフリカを中心に国際送金サービスを展開するスタートアップ企業であるBTC Africa A.C.(通称:BitPesa)は、国際送金サービスのデジタル化を推進するために業務提携を進めることに合意し、SOMPOホールディングスはBitPesaに出資しました。

国際送金サービスを提供するBitPesa!

BitPesa
画像元:BitPesaホームページ

アフリカ中心にビットコインを活用した国際送金サービスを提供するスタートアップ企業であるBitPesaは、2014年に創業され、現在はケニア、ウガンダ、タンザニア、ナイジェリア、ガーナ、セネガル、コンゴ民主共和国の7ヵ国にサービスを展開しています。BitPesaのサービスを利用すると、提携している85カ国への送金が可能です。2018年9月からはSBIグループで日本最大規模の送金サービスを提供している”SBI Remit”ともパートナー提携し、日本への送金も可能になりました。

国際送金は既存の銀行システムを利用すると、手数料が高く、時間がかかりますが、ブロックチェーン技術を活用することで、時間とコストを大幅に抑えることができます。またBitPesaは銀行口座だけでなく、ケニアのM-PESAに代表されるモバイルマネーサービスとも連携しており、モバイルマネーからの国際送金を可能にしています。

この様な取り組みに注目が集まり、米国のDraper VCから250万米ドルを調達するなど、これまでに総額600万米ドルの資金調達を実施しました。またオンライン送金プラットフォームを展開するスペインのTransferZeroを買収するなど海外展開を加速しています。

BitPesaに出資で、保健分野へ技術を応用へ!

5773961683_d6b32a3562_z

人やモノ、データ、サービスなどが国境を越えて活発に行き来する時代へと変化するなか、それらを金融面で支える国際送金の役割が増しています。現在、国際送金にかかる割高な手数料と送金時間の長さが課題となっており、その解決によりさらなる利便性向上が実現すれば、グローバルレベルでの経済活動の円滑化等に寄与することが期待されています。

SOMPOホールディングスは、安心・安全・健康に資する事業を展開することで社会課題の解決に取り組んでいます。一方、BitPesaは、アフリカを中心に国際送金サービスを展開しており、さらなる顧客基盤と展開国の拡充を目指しています。

両社は、世界的に流通量が拡大している仮想通貨を用いることで、国際送金にかかる割高な手数料と送金時間の課題を解決することが可能となると考え、2018年11月8日付けで国際送金サービスのデジタル化に向けた業務提携に合意し、BitPesaの株式10%を5億7千万円を取得しました。

BitPesaは、SOMPOホールディングスが株主に加わることで国際的な信用を得て、さらなる市場と顧客基盤の拡充を図り、SOMPOホールディングスは、BitPesaの技術を活用し、さまざまな送金・決済にまつわる実証実験を通じて、国際送金サービス市場でのプレゼンスを高めるとともに、同技術の保険分野への応用を検討します。

今後、SOMPOホールディングスとBitPesaは、仮想通貨を活用することにより、低コストで時間のかからない先進的な国際送金サービスを開発することで、グローバルレベルで頻繁にモノが行き交う社会の実現を目指します。


The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!