World Economic Forum on Africa 2011

フォーブス誌が11月18日、「アフリカの富豪50名(Africa’s 50 Richest 2015)」を発表しました。ナイジェリアのダンゴード・グループ(Dangote Group)を率いるアルコ・ダンゴートCEOが、167億USドル(約2兆610億円)の資産を保有し、5年連続の1位でした。タンゴート氏は、モザンビークの経済と同規模の資産を保有していることになります。日本人ではソフトバンクの孫正義社長と同規模程度です。タンゴート・グループは貿易を中心に、精糖や製粉、セメント、石油、ガス、運輸、銀行等の分野に展開するコングロマリット企業です。ただナイジェリアの通貨ナイラの下落や、ダンコート・セメント株価の下落が原因で昨年より約50億ドル減少したとのことです。

2位はダイヤモンドの採鉱から流通、加工、卸売までを一貫して手がける南アフリカのデビアス社のニッキー・オッペンハイマー会長です。資産額は66億ドル(約8,150億円)とのことです。続いて3位は、南アフリカの衣料品大手ペプコー社のクリストフェル・ウィーゥ会長でした。経済の停滞や原油安の影響で資産を減らす富豪が多い中、過去12ヶ月で資産を10億ドル以上増やしています。

TOP10内にナイジェリアから2人、南アフリカから3人がランクされており、アフリカの経済大国の強さがうかがえます。アフリカは全体的に貧しいイメージが先行していますが、経済が発展する共にビリオネアが増えてきています。1位のダンゴート氏は、1977年に創業しアフリカ最大級の会社を作り上げ、2008年にはナイジェリア人で初めてフォーブス誌の長者番付にランクインするまでになりました。最近は停滞気味のアフリカ経済ですが、ここからの巻き返しに期待ですね。

Photo by:wikipedia
引用元:フォーブス

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!