アフリカ関連イベント2016年5月下旬編です。

今回は厳選した7つのイベントをご紹介します!8月にケニアで開催されるアフリカ開発会議(TICAD)に向け、ビジネス系の投資セミナーも増えてきました。またアフリカの文化や食事・音楽を堪能できるイベントも盛りだくさんです。

また5月29日には初となるAfrica Quest.comの主催イベントも開催します!多くの方々のご参加をお待ちしております!


ガーナ投資フォーラム

ジェトロは、アフリカ大陸西部に位置するガーナ共和国より、政府高官一行が来日する機会を捉え、駐日ガーナ共和国大使館とともに「ガーナ投資フォーラム」を開催します。

日本国内で得難い情報について、同国の政府高官から収集できる機会です。ご関心の向きは是非ご参加ください。

<開催概要>
【日時】2016年5月20日(金)10:00-13:00(9:30受付開始)
【場所】グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール1F 暁光の間(東京都港区高輪3-13-1)
【主催】 ジェトロ、駐日ガーナ共和国大使館
【参加費】 無料
【定員】 150名(先着順)
【申込締切】2016年5月18日(水)

*プログラム、お申込み方法など詳細はこちら

【問い合わせ先】ジェトロ ビジネス展開支援課(担当:斎藤、伊藤)TEL:03-3582-5235/Email:BDA@jetro.go.jp

ルワンダの子どもたちから平和を考える講座

13220615_733886073420318_4916751366715220328_o

ルワンダ大虐殺から20年。1994年、たった100日間という短い期間にルワンダ国民の10~20%もの人々が殺害されるという大虐殺が起こりました。そこから20余年が経った今、ルワンダはアフリカの奇跡として著しい経済発展を遂げています。

一方で、親が殺害された孤児たちが貧困から抜け出せない現実、虐殺の加害者として刑に服していた人が出所し、かつての生活を送ることの難しさ、被害者家族の消えない思いは今も人々の中に大きな影を落としています。今を生きるルワンダの子どもたちの現状に触れ、平和再構築のワークショップを通して、平和とは、赦しとは何かを考えてみませんか。

講師:ワールド・ビジョン・ジャパン 堂道有香さん
国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフとして、2015年に自身もルワンダへ訪問し、現場を訪れた堂道さん。見聞きして知っていた現状と、実際に目の当たりにする現状との違いに大きな衝撃を受けたそう。
その時の訪問のエピソードを交えながら、平和再構築や地域開発の取組みについてお話を伺います。

<開催概要>
【日時】2016年5月21日(土)11:30-13:00
【場所】HIS 旅と本と珈琲と Omotesando(東京都 渋谷区神宮前4-3-3バルビゾン7番館)
【参加費】無料
【申込み】http://peatix.com/event/166033

【画像/引用元】Facebookページ

カポソカ音楽学院オーケストラ東京公演

13051632_1167478473285515_3989426758451760585_n

アフリカ南西部に位置する豊かな天然資源と美しい自然に恵まれ、多様な文化に満ちたアンゴラ共和国。しかし、長く続いた内戦により国は疲弊し、現在は世界有数の高い経済成長率を誇っていますが貧困問題は深刻で、世界で最も貧富の格差がある国の一つとも言われています。

そうした中で、2008年に始まった、ベネズエラエル・システマと同様に、集団での音楽教育を通して、困難な状況にある子どもたちの生きる力を育むカポソカ音楽学院の挑戦。ベネズエラ同様、社会政策としての成果のみならず、昨年のミラノ万博をはじめ各地での国際音楽祭を通して、その高い音楽性が高く評価されています。

今回、日本ーアンゴラ外交関係樹立40周年記念事業として初めての日本ツアーを実施。そして、関係者のご尽力もあり、相馬子どもオーケストラとの交流プログラムが、15日午後に相馬市民会館、そして、21日16時からは東京晴海の第一生命ホールにて行われます。

<開催概要>
【日時】 2016年5月21日(土) 15:30開場(16:00開演、18時頃終演予定)
【場所】 晴海トリトンスクエア第一生命ホール(東京都中央区晴海1-8-9、Tel 03-3532-3535)
【入場料】1000円、全席自由
【チケット取扱】チケットぴあ Tel 0570-02-9999 (Pコード 294931)、東京文化会館チケットサービス Tel 03-5685-0650
【プログラム】
■カポソカ音楽学院オーケストラ Orquestra Kaposoka(指揮:コンセイサオン・フェリックス・ダ・コスタ)
テタ・ランド:ントヨ Teta Lando: N’Toyo
ハイドン:チェロ協奏曲第1番ハ長調 Hob.VII b-1 第3楽章 アレグロ・モルト III.Allegro molto(伊藤悠貴:チェロ)
ピアソラ(小林郁代 編曲):オブリビオン
ハーツェル:アンゴラ組曲(バルカローレ)※世界初演(山田磨依:ピアノ、 川本裕之:ティンパニ)
チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 作品48 第1楽章:アンダンテ・ノン・トロッポ - アレグロ・モデラート
I.Andante non troppo – Allegro moderato
■相馬子どもオーケストラ(指揮:須藤亜佐子)
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調 BWV1048 I.Allegro – Adagio – III.Allegro
■合同演奏(指揮:伊藤悠貴)
W.A.モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136、Mozart: Divertimento in D Major, K.136、
I. Allegro, II.Andante, III.Presto

■カポソカ音楽学院オーケストラ Orquestra Kaposoka(指揮:コンセイサオン・フェリックス・ダ・コスタ)テタ・ランド:イェンベレ・イェンベレ・イェンベレ、 Teta Lando: Yembele, Yembele, Yembele,
テタ・ランド:タタ・ンケント Teta Lando: N’Tata Kento
イルマオンス・ケファラ:クルシフィクソ Irmãos Kafala: Crucifixo
ジンガス・ド・マクルッソ:アフリカの娘たち Gingas do Maculusso: Filhas de Africa

【主催】カポソカ音楽学院、駐日アンゴラ共和国大使館、一般社団法人エル・システマジャパン(15日公演のみ)
【共催】相馬市、相馬市教育委員会(15日公演のみ)
【企画協力】在アンゴラ日本国大使館
【協力】一般社団法人エル・システマジャパン

【お問い合わせ】21日東京公演:ソナーレ・アートオフィス(Tel:03-5754-3102/ E-mail:info@sonare-art-office.co.jp)
一般社団法人エル・システマジャパン

【画像/引用元】Facebookページ

キ・アフリカ定例会「キリマンジャロ登山とタンザニアでの異文化体験」

2016年5月の定例会前半のアフリカ講座は、MOTIProject代表の福室まなみさんと参加学生をお招きし、「キリマンジャロ登山とタンザニアでの異文化体験」というタイトルでお話を伺う予定です。

講師:福室まなみ(ふくむろ まなみ)
東京都出身。大学進学はせず、ウェディング業界、不動産、旅行会社、留学エージェント、JICA旅行手配、海外ボランティア斡旋など様々な業種を経験し、24歳の時にインドのマザーテレサボランティア活動に感銘を受け、日本人にもっと学びの深い海外渡航と経験のプログラムを提案したいと決意し25歳の時にインドボランティア活動支援する形で独立。

その後、ターゲットを大学生に絞り、大学生自身が主体的となり海外研修プログラムを作り体験をする独自のスタディツアープログラムを企画、実施、運営するMOTIProjectを立ち上げる。そのプロジェクトでタンザニアと出会い、まだまだ日本人の知らないアフリカを安全にもっと行きやすく興味を持ってもらえるプログラムを現在も提案している。2016年3月にはタンザニアの文化を学ぶツアーとキリマンジャロ登山のツアーを成功させた。

後半のスワヒリ語講座(初級・中級コース)は、スワヒリ語初めての方にも初級コースを用意しています。興味のある方はぜひ参加ください。(参加される方は直接会場へお越し下さい。)

【日時】 2016年5月22日(日)13:00-16:00
【場所】 JICA地球ひろば(202A会議室) 東京都新宿区市谷本村町10-5
【参加費】会員(社会人):500円、会員(学生):無料、一般:1,000円、学生:500円
【主催】キ・アフリカホームページ
【問い合わせ先】キ・アフリカ永棟(e-mail:tnagamune@nifty.com)

TICADセミナーやエジプト料理教室はPart.2へ


1 2

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!