sub1

アフリカのマラウイ共和国のプロサッカーチーム「ビィ・フォアード ワンダラーズFC」に所属する、マラウィ初の日本人マラウイリーガー中村元樹選手が、2016年7月17日(日)に行われたマラウイスーパーリーグ第13節ウィザース戦でデビューを果たしました。アフリカで中古車輸出業を営む日本企業「ビィ・フォアード」がメインスポンサーと運営を務めています。

マラウィの強豪チームに初めて日本人選手が加入!

sub2

ビィ・フォアードは2015年シーズンより、南部アフリカに位置するマラウイ共和国の1部リーグに所属する「ビィ・フォアード ワンダラーズ」のメインスポンサーを務め、選手をはじめ球団職員の雇用に至るまで同球団の運営をフルサポートしています。

「ビィ・フォアード ワンダラーズ」は、リーグ戦の順位を2014年シーズンの9位から昨季は4位に上げており、2016年シーズンのリーグ優勝に向けた、昨年末のシーズンオフより選手強化に動いていました。

ゲームメークも出来るフォアード選手を探す球団と、アフリカチームでのプレーを希望する中村元樹選手との目的が一致し、中村選手の入団が決まりました。中村元樹選手は、今回の契約にあたり、2016年2月16日に現地入りしチームに帯同し、練習やオープン戦に参加しながら、フィジカルチェックや就労ビザの手続きをしていました。

念願のデビュー!ここから優勝へ巻き返しを狙う!

main

マラウィの1部リーグ「マラウイスーパーリーグ」は4月9日(土)に開幕しましたが、中村選手は就労ビザの取得が大幅に遅れていたために、第13節にて念願のデビューを果たしました。

マラウイリーグ初出場は、今期の対戦成績1敗1分と決して分の良くない相手に前半を2-0とリードして折り返し、1点を追加した後半20分過ぎに、両チームのファンからの「ナカムラ」コールに迎えられて実現しました。

試合中にケガを負ったフランシス・ムリンビカに代わってトップ下に入った中村元樹選手は、堅実なプレーでチャンスメイクをし、さらに1点を追加しての4-0の勝利に貢献しました。第13節を終えた時点で、ビィ・フォアード ワンダラーズは5勝5分け1敗のリーグ7位となっています。

当球団は、同国初の日系プロサッカークラブで、この度の、同国初の日本人マラウイリーガー誕生を受け、サッカーでの同国への貢献はもとより、今まで以上にCSRなどにも力を入れ、同球団が日本とマラウイの懸け橋となるよう積極的に国際交流の場を作る活動をしていきます。

中村元樹選手のコメント

sub3

「まずは、プレー出来た事でホッとしています。この4ヶ月間ビザの影響などで試合に出られず、練習も途中までしか入れない期間が長かったのでコンディション維持やモチベーションコントロールは大変難しいところでした。またファンからも出ていなくてもスタジアムでコールをしてもらうなど、毎日色んな所で声を掛けて頂き”早くお前のプレーが見たいんだ”と言われ続けていたので、とても歯痒い期間でした。これから試合感を取り戻して、ゴールを決めてファンの皆さんを楽しませればと嬉しく思います。」

関連記事>>アフリカ・マラウィの強豪チーム、初となる日本人プロサッカー選手獲得で優勝を狙う!


記事提供元:ビィ・フォアード ワンダラーズFC、日本人初のマラウイリーガー中村元樹選手がマラウイリーグ初出場!

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!