日本発、世界の食料問題の解決に取り組むNPO法人TABLE FOR TWO Internationalが、モバイルヘルスに特化したテクノロジーベンチャー企業のFiNCと連携し、従業員が心身の健康に対する取り組みを行うことで開発途上国への寄付につながる新しいプロジェクト「ONE POUND SAVES ONE CHILD」プログラムを始めました。

減量するとアフリカの給食へ繋がるグッドアクッションとは!?

sub2

今回発表されたのは、FiNCが法人向けに提供しているウェルネスサービス「FiNCプラス」にて、サービス導入企業の従業員が、導入開始から2ヵ月の期間で体重の増減を合計し、減量した分を「One pound(約450g)=20円」として換算して、TFTを通じ開発途上国の子どもたちの学校給食支援に役立てるプロジェクトです。寄付金はFiNCが全額捻出します。

ONE POUND SAVES ONE CHILD は、One pound (約450g=約20円)の減量活動で、 One Child (開発途上国での給食1回)を支援することができることからこの名前がつきました。学校給食は、飢餓に苦しむ子どもたちの空腹を満たすだけではなく、小学校への就学率と学業成績の向上にもつながり、飢餓や貧困から抜けだすための良い循環をうみだします。子どもたちの基礎体力を向上させることで病気予防に貢献したり、学校と親とのコミュニティ形成にもつながっています。

“TABLE FOR TWO”は、先進国の私達と開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを購入すると、代金の内20円が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食1食分をプレゼントできる仕組みを広げています。企業や官公庁、大学、病院など638団体が参加しており、気軽に社会貢献とメタボ予防ができるという一石二鳥な取り組みが人気を呼び、これまでに約4,031万食をアフリカのウガンダ、ルワンダ、エチオピア、タンザニア、ケニアなどに届けてきました。

TABLE FOR TWOが新たなコラボ先として選んだFiNCプラスとは!?

main

「FiNCプラス」は、従業員の健康状態から生活習慣改善の為のソリューションを提供するだけでなく、ウェルネスメニューの割引特典の充実、健康教育の実施ならびに企業の健康経営銘柄の基準への対応等を、従業員1人につきワンコイン(約500円/月)で実施できる法人向けパッケージソリューションです。

従業員がスマートフォンやPCを利用して従業員の心身の健康状態の閲覧ができる他、自身の健康状態や悩み、生活習慣に合わせたヘルスケア、フィットネスコンテンツが提供されます。その他にも、チャット機能を利用して、栄養士やトレーナー、薬剤師をはじめとした予防領域の専門家やメンタルケアなどのカウンセラーに相談できる他、FiNCが提携している様々なフィットネスクラブやヨガ教室、ストレッチサロンなどのウェルネスサービスなどを優待価格で利用することもできます。

さらには、このサービスは「心と身体の健康は家庭から」といった想いから、従業員だけでなく、従業員のご家族も追加費用不要で使えるほか、ライフログの管理や、食事・運動タスクの実行により、健康に取り組んだ分だけポイントが付与され、その貯めたポイントを施設利用やECサイトにて様々な商品を購入する際に使える「健康インセンティブプログラム」などもワンコイン(約500円/月)に含まれています。

次ページ>> 新プロジェクトに両社がコメントを発表!


1  2

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!