アフリカのスタートアップといっても正直誰もよくわからないのが現実なんだと、色々な方と話しながら強く感じた。非常に社会的意義の高いソーシャルビジネスを行うスタートアップも当たり前のように外部からの、特に先進国からの資本が入っている。ただ「現地の課題解決型のビジネスは、日本やアメリカにおいて何か実用的なインサイトを得るものではない」というのは残念ながら事実である。

そこで今回は、より世界的なスタートアップトレンドに沿った分野であるFintech領域のアフリカスタートアップを紹介したい。

アフリカにおけるFintech投資

そもそもアフリカのFintechってどうなの?流行ってるの?という方も多いと思うので下記の記事を見て欲しい。

Fintech dominates African startup investment

The African Tech Startups Funding Report found that fintech firms accounted for $55 million (29.6%) of the total capital invested in new African companies.
Disrupt Africa が発表した The African Tecxh Startups Funding Reportによれば、2015年のアフリカスタートアップ企業への投資総額$185millionのうち、$55millionの約30%がFintech企業への投資だった。

これはかなり驚くべき数字といってもいいかもしれない。 というのは、Accentureが発表した”Accenture Fintech Evolving Landscape”から抜粋した図をみてみると、

ff40db14fac9f85afbcb4578ebf19895_53dc159361a157a5d01328bec76933f8

日本における2015年のFintech領域への投資額は$65millionであり、いくら国ではないとはいえアフリカと大きく違わないのだ。

先進国のFintechとの違い

こう比べてみると、先進諸国と同様にアフリカにもFintechの波が来ていることがわかる。

ただし、アフリカにおけるFintechを考える上で頭に入れなければいけばいことがいくつかある。その中でも特に注意したいのはGoodwell InvestmentのFounding Partner, Wim van der Beekが言うように、

he fintech space in Africa is different to that in developed economies, with a whole raft of opportunities presented by unique factors that are not found elsewhere in the world
アフリカのFintechは、世界の他のどこにもないユニークな要素によって提示される多大なチャンスという点で、他の先進諸国のFintechとは異なる。

ということである。

どういうことか?

Five factors that differentiate Africa’s fintech

この記事の中で、Wim van der Beek氏は5つの要素を挙げている。

1) アフリカFintechは何もDisruptしていない。

先進国におけるFintechはこれまで伝統的な金融機関が担ってきた金融サービスをUnbundleし、より最適化され付加価値の高い代替サービスを提供していくものであるが、アフリカにおいてこのDisruptされる対象がいない。

2) Sector Convergenceにおけるリード

何もないが故に、異業種からの参入が用意、かつ必須となる。ケニアの大手MNOであったSafaricomがM-pesaで当に天下をとったような事例が起きうる。またM-KOPA solarのようにソーラー発電機器の販売業から、Consumer Financeの領域へと舵をきる例もある。

3) Big Dateが大きなgamechangerであること

これから2050年までの人口増加の約半分がアフリカで起こり、インターネットインフラという意味でもネットから排除された人々の数は計り知れない。これまで知るよしもなかったアフリカの人々の購買行動などが、モバイルの普及とともにデータ化されるとしたら、、、、

4) テクノロジーの組み合わせによってイノベーションが加速していく

5) 最大規模のマーケットは未だにUnservedである。

大陸の成人人口のうち80%の約3億3000万人は依然フォーマルな金融サービスへのアクセスがない。これはつまり潜在的な顧客がこれだけ多くアフリカにいることを意味している。

次ページ>> African Fintech Awardsのスタートアップ6社を紹介!


1  2

The following two tabs change content below.
矢部 寿明
慶應義塾大学商学部5年。大学1年時にユニセフの講演を聞き、国際開発の世界でのキャリアを志すようになる。アメリカへの交換留学を経て、初めて訪れたアフリカで物乞いに仕事を求められるという体験をし、現地での雇用や労働、その大元であるSMEsを支援したいと思い、起業を目指している。