%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-17-42-00

サブサハラ・アフリカ地域の未電化地域の商店(キオスク)と連携し、再生可能エネルギーの量り売り事業”WASSHA”を通じて、未電化地域にとって新しい体験である”電気のある生活”を提供している日本発のスタートアップ企業があります。2016年にはForbes JAPANによる「世界が注目!期待のスタートアップ日本の50社」にも選出されたその会社の名は”デジタルグリッド”です。

アフリカの課題解決を目指す熱きミッションと画期的なビジネスモデルから世界中から話題を集めるデジタルグリッドが、事業拡大に伴い今年新たな人材の募集を開始しました。2017年1月13日には代表も登壇する採用説明会も実施決定!アフリカのために本気で働きたい、熱い方々の挑戦をお待ちしております。

世界で13億人が電気が使えない!?未電化地域が抱える課題に挑む!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-17-39-49

まだ世界には日常的に電力を利用できない人々が約13億人いると言われています。そのうちおよそ半分の6億人がサブサハラ以南アフリカに暮らしており、アフリカは特に深刻な状況に置かれています。デジタルグリッドが展開しているタンザニアの地方部の電化率は4%に満たず、サブサハラ・アフリカ平均の17%を大きく下回っているのが現状です。

現在、電力にアクセスできない地域(未電化地域)に暮らしいてる人々の多くは毎日20~40円を払って灯油などを購入しています。物流網の未発達により、地方部では灯油価格は高く、灯油ランプの使用はBOP層(年間所得が購買力平価ベースで3,000ドル以下の開発途上国の低所得階層)の家計にとって負担となっています。

これまで多くの企業やNGOがこの課題に取り組んできましたが、未だ成功事例を作るには至っていません。照明ニーズだけでもその市場規模は単純計算で2~4兆円程度であり、これに教育、医療やエンタメなども加味し、エンドユーザーの所得向上に貢献する事で、市場規模は数倍にもなる巨大市場です。デジタルグリッドはこのニーズに着目し、彼らが直面している課題をリサーチし、彼らと連携しながら途上国の課題解決と同時にこの未開拓市場を切り開く挑戦を続けています。

アフリカに新しい体験を提供!世界で話題でのベンチャー企業、デジタルグリッドとは!

63dd188758026323ff1e0ae1d628a6e0-e1476944515990

2013年11月に設立されたデジタルグリッドは、未電化地域のキオスクに太陽光パネルを設置し、キオスクに来店するユーザーに対して、LEDランタンの充電・レンタル及び携帯電話の充電サービス「WASSHA(スワヒリ語で「火を灯す」)」をタンザニアを中心に広く展開しています。

自社開発のハードウェアとソフトウェアによりキオスクでの電力使用状況をリアルタイムに遠隔制御・管理したり、電気利用料をモバイルマネーを使用して徴収したりとアフリカでは画期的なビジネスモデルを導入することで、現在では800店のキオスクに導入され、日々100万人が利用するなど急拡大しています。

この取り組みに世界中から注目が集まっており、これまで東京大学エッジキャピタル・日本政策投資銀行・JICA(国際協力機構)などから合計で約12億円の出資を受けています。 特に2016年10月に実施されたJICA(国際協力機構)から資金調達については、JICAとして初のアフリカ案件、初のスタートアップ投資として大きな話題を集めました。

アフリカビジネス最前線!未電化地域でビジネスを一緒に作る熱き仲間を新たに募集!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-17-40-57

2016年12月1日現在、デジタルグリッドは日本人10名、タンザニア人約80名、セネガル人1名で運営されています。うちタンザニアに駐在している日本人は3名おり、現地では現地メンバーと一緒に電気が整備されていない農村地域を実際に訪問し、連携してくれるキオスクを開拓しています。

そしてデジタルグリッドは、2017年事業規模拡大に伴い新たな人材の募集を開始しました!募集ポジションは新規事業・経営企画とソフトウェアエンジニアで、同時に長期インターンも募集されています。募集ポジションの詳細はこちらよりご参照ください!また2017年1月13日(金)には東京大学にての採用説明会も開催されます。代表を務める秋田氏を始めタンザニア在住の経営陣が一堂に会し、「こんな人と働きたい」、「新メンバーとこんな事やりたい」を熱く語ります。

2016年にはForbes JAPANによる「世界が注目!期待のスタートアップ日本の50社」に選出されるなど大きな注目を集めているベンチャー企業でアフリカのために本気で働きたい、そんな熱苦しい方々の挑戦をお待ちしております。

≪Digital Grid Inc. 採用説明会≫

【日時】2017年1月13日 (金) 19時~21時(その後、希望者の方を交えて懇親会も開催予定)
【申込方法】 本URLからお申込ください。
【会場】 東京大学産学連携プラザ 2階会議室 (東京都文京区本郷7-3-1)
【募集ポジション】
1) 新規事業・経営企画
2) ソフトウェアエンジニア
3) 長期インターン(学生/社会人、原則6か月以上)

参考)秋田代表によるTED ×U tokyo「Africannovation」

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!