越境ECサイトを運営するビィ・フォアードは、実質的に運営しているアフリカのマラウイ共和国のプロサッカーチーム、ビィ・フォアード ワンダラーズFCの2019年シーズンスポンサーを日本企業28社と契約したと発表しました。

日系プロサッカーチーム、ワンダラーズFC!

d9457-98-566930-0

ビィ・フォアード ワンダラーズFCは、マラウイ共和国ブランタイヤを本拠地とするマラウイ・プレミアディビジョン(TMNスーパーリーグ)に加盟するプロサッカーチームです。

2014年シーズンまではマイティー・ワンダラーズFCの名称で活動していたが、2015年シーズンより株式会社ビィ・フォアードが単独スポンサーとなり、実質的に運営することになったことでチーム名をビィ・フォアード ワンダラーズに変更しました。

2015年シーズンよりマラウイのサッカー環境改善と発展、さらにはサッカーを通じた青少年の育成を目標として活動しています。

2016年シーズンはマラウイ初の日本人選手、中村元樹選手と契約し、2017シーズンはマラウイ初の日系チームでのリーグ優勝を果たしました。2018年は、同国1部リーグ2位の成績を収め、同国代表選手にワンダラーズより8名が召集されました。

また、2018年3月には、ワンダラーズに所属していたジャブラニ・リンジェ選手がY.S.C.C.横浜(J3)へ移籍し「マラウイ初のJリーガー」を誕生させるなど、幅広い活動を行っています。

日本企業28社と2019年シーズンスポンサーを契約!

d9457-98-765264-3

ワンダラーズFCは、2018年シーズンでは、上記の活動に共感した日本企業21社とスポンサー契約を行っていましたが、2019年シーズンは新たに7社を獲得し、合計28社と契約を締結しました。

マラウイスーパーリーグの2019年シーズンは、4月13日(土)に開幕しました。ワンダラーズはホームに昨シーズン8位のMzuniを迎えて対戦し、5-0とシーズン初戦を勝利で飾りました。

国内1部リーグは16チームによるホームアンドアウェー戦で、12月末まで30試合が予定されています。

日本とアフリカの橋渡しに!

また2019年8月28日~30日には、アフリカの開発をテーマとする日本政府が主導する第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が横浜で開催されます。

ビィ・フォアードは、開催地横浜のチームに唯一在籍するアフリカ人サッカー選手を抱えるY.S.C.C.横浜、28社のスポンサー企業とともに、日本とアフリカの橋渡しとなる活動を計画しています。


The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!