Africa Quest.com編集長の横山です。タイトルの通り、アフリカクエストは6月1日より新しい取り組みをスタートさせます!その名も、アフリカに挑戦する日本人の為のコミュニティ型会員制クラブ”Africa Quest Innovation Hub(AI-HUB)”です!

Africa Questのこれまでの取り組み!

2016年1月、アフリカをより身近にし、アフリカに渡航する人を増やすべく”アフリカに挑戦する日本人の為のWebメディア Africa Quest.com”をローンチしました。

2019年5月28日現在で記事数は1,420件に達しました。アフリカ関連の記事だけで、ここまで提供しているサイトは珍しいのではないでしょうか(笑)まぁ3年強、こつこつ記事を発信してきただけなのですけどね。

また各種SNSも応援いただいています。Facebookグループのいいね数は3,715LIKES、フォロワー数は4,012人です。Twitterも3,100フォロワーまで増加しました。

また2016年5月からはオフラインでもアフリカに関する情報を届け、またアフリカに関心のある人を繋げるべく、勉強会&交流会”アフリカビジネスラボ”をスタートさせました。

これまでのべ31回、40名のゲストのご登壇いただき、1,000人近くの方にご参加いただきました。

新プロジェクト、AI-HUBが始動!

2019年、アフリカクエストはよりアフリカに挑戦する日本人を応援すべく、新たなプロジェクト”AI-HUB”を発足させました。

これまでオンライン上での情報発信、東京でのオフラインの活動を続けて来ましたが、これまで以上にアフリカに関心にある人と一緒に何かできないかと考えていました。

そんな時「今の時代、オンラインでコミュニティができるじゃないか!」というアイデアが浮かびました。

それぞれがアフリカの情報を発信し、コミュニティ内でネットワークを作り、資金をみんなで出し合えれば、もっとアフリカに挑戦(渡航)しやすくなるのではと考えました。

Africa Questが活動を始めた2015年は日本に届くアフリカ諸国の情報やアフリカに関わる活動をする方も増えてきました。

この流れをもっと盛り上げるべく立ち上げるのが、みんなで作るコミュニティ型会員制クラブです。

一人のカリスマ的な人が中心となって情報発信や交流を促す一般的なオンラインサロンではなく、アフリカに関心のある方が集い、共に盛り上げていくコミュニティとしてクラブ活動みたいな感じで運営していきたいと思っています。

なので、会費の半分を「AI-HUBファンド」として積み立て、コミュニティ内での活動に使う仕組みにしました。

名義的に”アフリカ”と大々的に謳ってますが、私はまだ11カ国しか訪問したことがありませんし、がっつり関わってきたのはケニアです。恐らくそれぞれの国が好きな人もいると思います。ぜひ僕にも色々教えてください(笑)

そんな面白い取り組みを一緒に作ってくれるスタートアップメンバー(第1期)の募集を開始しました。オンラインコミュニティを運営するのは僕自身も初めてなので、オンライン運営に興味ある人はぜひ初期メンバーとして参画いただければ嬉しいです!

プロモーションビデオも公開!

またコミュニティオープンに合わせて、Africa Questのプロモーションビデオを公開しました。ケニアで活動する様々な方に、「なぜアフリカに挑戦するのか?」インタビューを実施しました。

一人では踏み出せないことも、仲間がいれば進むことができます。

コミュニティの中で情報・資金・仲間を集めて、一緒にアフリカに飛びだしましょう!ケニアから皆様をお待ちしております(笑)

プロジェクト参画はこちらから!

The following two tabs change content below.
凡
一般社団法人アフリカクエスト代表理事 (Africa Quest.com 編集長 /アフリカオンラインコミュニティ AI-HUB主宰)& ケニア現地法人代表(コンサル&PR事業)& NGO PLAS 理事。|証券会社を経て、青年海外協力隊としてケニアへ渡航。貧困地域に暮らす女性たちへの収入向上支援を行いながら、ケニアに雇用を生むことをビジョンにソーシャルベンチャーを共同設立。2015年9月まで約2年にわたり経営を行う。現在は、ケニアを拠点に農業・食品関連ビジネスの立ち上げ、日本企業のビジネス進出支援、Webメディア運営や講演・セミナー講師などアフリカと日本を繋ぐコーディネーターとして幅広く活動中。