豊田通商は、2020年2月14日にエチオピア電力公社と、5MWアルトランガノ坑口地熱発電所の建設請負契約を締結しました。主要発電設備の地熱タービン・発電機は、東芝エネルギーシステムズ社製を導入し、建設工事は、トルコのエンジニアリング会社エゲシム社が実施します。本事業は、エチオピアで商業用の地熱発電所の先駆けとして建設するもので地熱発電開発の基盤事業として位置づけられており、2021年8月の運転開始予定です。

エチオピアの電力事情!

Addis Ababa

アフリカの東部に位置するエチオピア連邦民主共和国は急速な人口増と著しい経済成長に伴い、電力需要も増加の一途をたどっています。

一方で、同国の電力需要の約9割を担う水力発電は、近年の気候変動の影響により不安定さが増し、計画停電を行うなど電力不足が顕在化しています。

このためエチオピアでは、電力供給の安定化に向け、水力以外の再生可能エネルギーによる電源開発が急務となっています。その中でも安定的に稼働できる地熱発電は有効な基幹電源の候補として高い期待が寄せられています。

なおエチオピアは、約10,000MW相当の豊富な地熱資源を有し、エチオピア政府は2030年までに約2,500MW相当の地熱発電所の新規開発を計画しています。

エチオピアで小型地熱発電所の建設工事を受注!

豊田通商_エチオピア

豊田通商は、2020年2月14日にエチオピア電力公社(Ethiopian Electric Power)と、5MWアルトランガノ坑口地熱発電所の建設請負契約を締結しました。主要発電設備の地熱タービン・発電機は、東芝エネルギーシステムズ社製を導入し、建設工事は、トルコのエンジニアリング会社エゲシム社(Egesim Energy Electro-Mechanic Construction Contracting Co., Ltd.)を採用します。建設資金は、国際協力機構(JICA)の無償資金協力により供与され、贈与契約金額は18億4200万円です。

本事業の地熱発電所は、エチオピア中部のアルトランガノ地熱鉱区に建設予定です。同鉱区は地熱資源量の大きさ、開発コストの観点から優先開発地として挙げられ、日本政府や世界銀行などの支援により既に蒸気井の開発が進められています。このたびの発電所は、これら既存の蒸気井を活用し建設するため、早期に建設着工、発電開始が実現できる見込みです。本事業の導入を機にアルトランガノ鉱区および他鉱区の地熱発電開発が拡大されていく予定です。

本事業は、豊田通商のアフリカでの地熱発電事業としては、ケニアに次いで2カ国目の取り組みになります。豊田通商は、「アフリカ戦略」と「再生可能エネルギー戦略」を重点分野として推進しており、地熱、風力、太陽光発電技術を活用したビジネス開発に取り組み、経済発展に不可欠なエネルギーインフラ整備を通じてアフリカに貢献していきます。


The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!