マダガスカルと日本を繋ぐ!OUT OF AFRICA慶應SFCアフリカ研究会の合同バザールが京急百貨店で開催中!

マダガスカルのオイルで自然環境はマダタスカル!(まだ助かる)

こんにちは、Codyです。

皆さんは、エッセンシャルオイルがどのように抽出され、薬局の棚に並んでいるのか知っていますか?

オーガニック認証取得のエッセンシャルオイル「MABIO」を製造、販売しているOUT OF AFRICA は、慶應義塾大学SFCアフリカ研究会と合同で、京急百貨店での期間限定バザールに2021年4月29日(祝・木)〜5月5日(祝・水)出店中です。

今回「MABIO」は、京急百貨店 上大岡店が上記日時で開催している「ワールドインポートバザール」の一部として出店されています。

「MABIO」とは?

MABIOはマダガスカル産の、オーガニック認証を取得しているエッセンシャルオイルです。

その名前は、

原産国であるMadagascar(マダガスカル)の「MA」と、

フランス語でビオロジック(biologique)の略で、有機、オーガニックを意味する「BIO」より名付けられました。

マダガスカルの環境問題

エッセンシャルオイルの抽出工程で薪を大量に使用する事により、マダガスカルでは森林伐採が深刻化してしまっています。

MABIOの水蒸気蒸留法は環境にやさしい

エッセンシャルオイルは、そのほとんどが水蒸気蒸留法という手法で抽出されています。

水蒸気蒸留法では燃料として多くの薪を必要としますが、MABIOのエッセンシャルオイルの製造では、森林伐採の原因となる薪の代わりとして、廃棄されるもみ殻から作った「モミガライト」という燃料を代わりに使い、貴重な森林資源を損なうことなく、高品質のエッセンシャルオイルの生産を行っています。

SDGsへの貢献

「MABIO」は、製造の過程で必要となる燃料をクリーンなものに置き換えたり、地元長野での地域活性化や就労支援に取り組むなど、高品質な商品を提供するだけでなく、社会への貢献も行なっています。

今回のバザールでは、慶應義塾大学SFCアフリカ研究会のメンバーがスタッフとして、来場者の皆様にMABIOの事やアフリカの事などをご紹介しています!

また、今回はエッセンシャルオイル以外にも、身体と環境に優しいビーガンスイーツなどの商品も取り揃えています。

皆さんのご来場をお待ちしております!

ワールドインポートバザール

  • 会場:京急百貨店 上大岡店 7階=催事場
  • 住所:神奈川県横浜市港南区上大岡西1丁目6番1号
  • 期間:2021年4月29日(木・祝)~5月5日(水・祝)
  • 詳細:イベントページ

参考

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください