image1

アフリカには縁ない普通の人たちが足を運び、アフリカに関心をもつきっかけとなるファッションショー「Tokyo Africa Collection 2018」が2018年1月20日に六本木にて開催されました!

このショーの魅力は何といってもそのエンターテイメント性の高さ。各大学のミスコンモデルなどの可愛い女の子たちが、おしゃれなファッションに身を包み、かっこいい音楽と光の演出のなかランウェイを闊歩します。衣装はアフリカをイメージしたものですが、野生動物や部族、派手な柄布といったアフリカのステレオタイプなイメージを強調したものではなく、各国の人々とのインタビューを通じて聞き出した、新たな魅力を表現したものです。

image2

プロによるダンス等のショーも組込まれており、アフリカに全く興味がない人でも楽しめるコンテンツがこれでもかと詰め込まれています。どのような想いでこのショーが企画されたのかについてもっと知りたい方は、「ファッションを通じて、アフリカの魅力を伝えたい!東京アフリカコレクションに込めた想い!」をご覧ください。

会場には若者から年配の方々まで多くの人が集まり、立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。2016年の初開催から、更にパワーアップして帰ってきた「Tokyo Africa Correction 2018」。本記事では熱気あふれる当日の様子をお伝えします。

全部でアフリカ20カ国!各国をテーマにした衣装とは?

image3
モザンビークの伝統衣装をエッセンスに日本とモザンビークのつながりを表現

日本にいるとアフリカは遠い存在で、アジアやヨーロッパなどのように各国それぞれの歴史や食文化、観光などの情報を耳にすることはほとんどありません。そのため、「アフリカ」と聞くと漠然とアフリカ大陸全体をひとくくりに捉える人が多いのではないかと思います。

しかし、アフリカ大陸には50か国以上の国があり、それぞれが違った歴史、文化、自然を持っています。「Tokyo Africa Correction 2018」では、そのうち20か国を表現した作品が披露されました。

image4
ソマリア女性のしなやかな美しさを柔らかな生地で凛々しさをカーキ色の生地で表現

各作品を手掛けたのは、受賞歴もある学生デザイナーたち。アフリカ各国の出身者や関係者へのインタビューを通じて得た情報をデザインに落とし込みました。インスピレーションの基となっているそれらの情報は、どれもポジティブで興味深いものばかり。筆者はアフリカ数か国の滞在経験がありますが、「そうなんだ、知らなかった!」という情報が盛りだくさんで、アフリカ各国を新たな視点でとらえるきっかけとなりました。

image6
高潔な人々の国という国名に込められた想いとブルキナファソが持つユニークな一面を加えて表現

例えば、モデルとして活躍している前田希美さんが「すごくかわいいなと思いました。自分も着たいです!」と話していたこのオフショルダーのグリーンドレス。どこの国を表現したものでしょうか?

image7

正解は…ナイジェリア!

ナイジェリアでは結婚式を盛大に執り行うという文化があります。結婚式に着るのは日本と同じ白のウェディングドレス、そしてもう一つは伝統的なカラフルな衣装です。幸せの象徴である結婚式をテーマに、ナイジェリア人のポジティブさとパワーが表現されています。

image8
タンザニアをテーマにバレンタインのオシャレママを表現

このように、各国の特徴を押さえた多様な衣装が披露されたのですが、各衣装によってモデルさんがランウェイを歩くスピード、ポーズの決め方、かかる音楽、スクリーン映像、照明の演出なども工夫されており、デザイナーさんが創り出した世界観を楽しむことができました。

image9
スーダンの伝統衣装にナイル川の壮大さを組み合わせて表現

次ページ>> 「ギャル×アフリカ」!?チャレンジングなコラボレーション企画も!


2

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!