私はケニアで様々なビジネスに挑戦していますが、その1つにバイクショップ経営があります。今回よりバイクショップオープンまでの道のりをご紹介したいと思います。

私がバイク事業を始めたきっかけですが、アフリカでビジネスをしているある方からの話を聞いて、これは面白い!私もいつか、このようなビジネスをやってみたいと思ったことが、きっかけになっています。

アフリカに来てビジネスをしている人の話は、すごく参考になって面白くて勉強になります。アフリカでビジネスを始めている日本人の方は多くはないですが、最近は増えているように思います。

バイクタクシービジネスの仕組み

2da178ed7f8c4fef249ad6ab8694e6ed

ケニアやタンザニアの地方都市ではバイクタクシーは貴重な移動手段です。
幹線道路までは乗り合いバスが走っていますが、デコボコ道の奥の方まではバイクタクシーで移動するのが便利なのです。

バイクタクシービジネスの簡単な仕組みをご説明させていただきます。

バイクの販売価格は新車で約7万~11万円くらいです。
バイクタクシーはバイクが運転できれば誰でもできる事業です。

そこで、小金持ちがサイドビジネスとしてバイクを購入して、仕事を探している人などにバイクを貸して、バイクオーナーになるのです。

バイクを貸してもらった人(ライダー)は、バイクタクシーをして収入を得ることができるのです。
そしてライダーは毎日オーナーに約300円から400円の金額をレンタル料として支払います。

1日の稼ぎのうち残った金額がライダーの収入になるのです。
人や地域にもよりますが、約500円は残ることのことです。

ライダーは何年経ってもこの金額をオーナーに払い続けます。
オーナーは毎日この金額を回収できると1年くらいでバイク購入金額を回収できるのです。
それ以降は、オーナーの儲けになります。

これが基本的な仕組みです。

バイクをローンで販売したい!

当時、話を聞いて私がいつかやってみたいと思ったのは、バイクをローンで販売することです。

ローンで販売すると、仕事もお金もない人がバイクを購入することができます。
そしてローンの支払いが終わると、バイクがライダーの所有物になるのです。

バイクが自分の物になれば毎日の支払いは必要なくなり、収入が全て自分で使えるようになり、生活が楽になります。貯金もできますし、新たな事業へ投資ができるようになります。

そして、少しずつ貯めたお金で、バイクの買い替え時期(3年後くらい)に一括現金でバイクを買えるようになっているとのことです。

これは販売側にもライダーにもメリットがありWinWinになるということです。

補足として、バイクが故障した時に、修理代をライダーが払えない時があります。バイクが動かなければ、バイクタクシーをすることができないので、収入を得られませんし、支払いもできません。

4af58f243ba173b46eef12cc588f0884-300x205

その時は修理代を建て替えて、ローンに上乗せすると話されていました。

しかも修理代がバイクの場合、金額が安い。これが車だと修理代が数万円する時や、大きな故障の場合数十万円する時もあり、かなりの資本がなければできない事業になるが、バイクの場合は小額投資でできるとのことです。

ローン回収期間が短いのもポイントです。これは仕事がない人への、就労支援や収入向上につながる事業だ!と私は思いました。

この話を聞いた2年半後、私はバイクショップをオープンしました。

次ページ>> そもそもバイクビジネスで飯は食えるのか!?


2

The following two tabs change content below.
松本 義和

松本 義和

Managing Directorマクシー(MAXY)
2014年11月からアフリカのケニアでビジネスをしている松本義和です。 ドライバー付きレンタカー、車の輸入販売、バイクショップ経営などいろいろなことに挑戦しています。日本人の中では、なかなか珍しい経験をしているので、私が勉強したこと感じたことなどを記事に書いて、今後ケニアやアフリカでビジネスを検討している人に少しでも参考になれたらと思います。