a95b1ab1

マズカバンジー!(マラウイの共通語チェワ語で”How ar you?”)
青年海外協力隊としてマラウイで活動しているさちこです。

今日は、初心を思い出す意味も込めて、

私がなぜ大企業を辞めて、青年海外協力隊でアフリカに来たのか?について書きます。

そもそも私の経歴は、
18歳まで富山県の田舎で育ち、
大学では国際関係・協力について学び、
約3年間IT営業として東京で働いていました。 経歴の詳細はこちら。

田舎者からバックパッカーへ。東京OLからアフリカへ。

青年海外協力隊でアフリカのマラウイに派遣中のさちこです!これから2年間、マラウイの方のビジネスを支援する仕事を行います。(職種:コミュニティ開発, 任期:2016年1月-2018年1月)

会社を辞めた理由は、仕事が嫌だったからでも、
忙しい毎日から逃げ出したかったからでもありません。

むしろ最後辞める決断をするときは、自分の力で初受注(売り上げ)したり、
長年頑張った案件が2,3件受注(売り上げ)しそうになっていたり、
お客さんに素敵な言葉をいただいたり、
仕事がとても楽しくなってきた時期でした。

また、親を含め周りからの反対の声もあり、
彼らを説得しないとアフリカへは行けない状態でした。

(娘を未知の世界アフリカに出す、というのは親としてもとても覚悟のいることだと思います。最後は応援してくれた親に感謝。)

「安定しているのに、なぜ辞めるんだ?」
「どこから、そのエネルギーが出てくるの?」

このような声が、親を含め沢山ありました。

そういう環境もあって、最後辞める決断をするときは、
毎日頭痛が続いて、簡単に泣いたり、吐きそうなくらい悩んでいました。

〜悩んでいた当時の日記より〜

逃げられない。どうやっても自分の中に色濃く存在する。その道は、いろいろデメリットは浮かぶのに、犠牲にするものは計り知れないかもしれないのに。裏切られるかもしれないのに。やっぱり消えない想い。

他に答えがでないまで、ここまで考えつくしてきたんだなあ。そろそろ動き出すときだ!考えてたってしょうがない。

そこまでして、なんで私はアフリカに来たかったのか。
青年海外協力隊に参加したかったのか。

一口で説明するのは難しく、ちょっと恥ずかしくもありますが、
思いのまま赤裸々に綴りたいと思います。

[目次]

□私が大企業を辞めて、青年海外協力隊としてアフリカに来た理由
□会社を辞めた日に考えたこと

私が大企業を辞めて、 青年海外協力隊としてアフリカに来た理由

①後悔する人生だけは送りたくないから

d9b416bc-s

一番最大の理由は、「後悔する人生だけは送りたくないから」です。

この思いは小学校くらいから私の胸にありました。

私がなぜそんな思いを持ち始めたかは、私の親が関係しているのかもしれません。

母が結婚当時寿退社し、将来就きたい職業を諦めてきたり、
父が働いていた会社を病気で転職しなければならなかったり、
よく「〇〇すれば良かった」と後悔の言葉を聞いていました。

本当に素晴らしい親なのですが、この点については反面教師で、
私はちゃんと自分で決めて、後悔しない人生を送りたい思ったのだと思います。

「あの時、こうすれば良かったな〜。」
「もうちょっと、ああしていればな〜。」

そんな思いは誰でも抱くものだと思います。
未来がわからないので、選択はいつも難しいです。

でも一度きりの人生、後悔ばかりしていても何も解決しません。
後悔したくないのなら、行動するしかない。

何かを選択するとき、特に大きい決断をするとき、
悩みに悩んで、自分の手で決めて、そういう後悔の念をできるだけ抱かないように生きていたい。

大企業で働き始めて約2年経った時のころ、このまま働き続けることに、大きな不安を覚えるようになりました。

このまま働いていれば、金銭的な面でも社会的な面でも満足のいく結果になるかもしれない。

でも、それは私が送りたかった人生なのか。
本当にこのままレールの上に乗っていて、その先に望む未来があるのか。

今まで、高校から大学から続けてきた思いは成就するのか。
尊敬する人物に近づくことができるのか。

そう問いを自分の中で繰り返し、いつも答はNoでした。

また、自分が就きたいと思っている職業にすでについている友人を見て、心の奥底でとても羨ましがっている自分がいました。

こんなドロドロの自分じゃいけない。
羨ましがるくらいなら、自分が変わらなきゃ。

そんな思いが渦巻いていました。

会社を辞めてアフリカに行っても、そのまま働き続けても、どちらに進んでも得るもの・失うものがありました。
メリット・デメリットを紙に書いて見比べて、自分の心に正直になりました。

悩んでいる時に人からもらった言葉なのですが、

目標を達成するためには、「自分の今いる位置」から「目標の場所」に行く、ルートを探す必要があります。

今の環境でいくらがむしゃらに頑張っても、一向に辿り着きません。

例えば、東京から沖縄に行きたい人が沖縄を目指して歩いてもいつ辿り着けるか分かりません。
日本からハワイに行きたい人が、むやみに自転車で東に漕いでもたどり着きません。

まずどのような方法をとるかが大切で、ハワイを目指すなら、飛行機を選択するのがベストです。

むやみに努力しても、一向にかなわない。
目標の場所に実際に行くためには、それなりの方法を探す必要があります。

私にとって、青年海外協力隊は目標の場所に辿り着くための道。

後悔しない人生を送るため、目標に向かって進むことを決意したので、
会社を辞めアフリカに来ました。

②人はいつ死ぬかわからない、と思うから


1  2  3

The following two tabs change content below.
Sachiko Hara
第一希望のIT営業を3年で辞め、2016年1月-2018年1月 青年海外協力隊としてアフリカ マラウイで活動中。 マラウイでは村起こしの一環で小規模組合に対し、ビジネス支援を主にする予定。 好きなものは、ヨガとミスチル。 個人ブログ書いています! 東京OLアフリカへー さちこ730日放浪記