ぼくは大のコーヒー好きです。

コーヒーが好きで、美味しいコーヒーを淹れたくて、コーヒーについて深く知りたくて、以前UCCのコーヒーアカデミーのベーシックコースにまで行きました。

その際のレビューは「UCCコーヒーアカデミーのベーシックコースがとっても面白かった」です。

UCCには世界でコーヒー鑑定士として認定を受けた人がたくさんいて、コーヒー豆を厳選しているようです。

通販などでもコーヒー鑑定士の厳選コーヒー としてコーヒーが買えるので便利な時代になったものです。

美味しいエチオピアコーヒー

coffee-beans-399472_1280

ちなみに、エチオピアはコーヒーの原産地として有名です。また、モカハラールやイルガチャフェ、シダマなどスターバックスやドトールや個人経営のコーヒー屋さんでも耳にする豆を産出し、輸出しています。

でも、エチオピア国内ではそれらの豆は手に入らないようです。エチオピアではコーヒー豆のグレードをつけ、グレードの高い豆は国内消費ではなく輸出に回されてしまいます。

なので、エチオピアの美味しいコーヒーはエチオピアでは飲めず、日本などコーヒー豆の輸入国でしか飲めないのです。

なんたることでしょう。

何を飲んでいるか?

では、エチオピアではどんなコーヒーを飲んでいるか?

多くの場合、ちょっと品質の落ちるコーヒー豆を深煎りし、エスプレッソマシーンで入れた濃いコーヒーにミルクを入れマキアートとして飲みます。

伝統的にはトルココーヒーのように煮出した粉っぽいコーヒーもブンナ(コーヒー)と呼ばれ好んで飲まれます。

イメージとしては、エスプレッソ用の深煎りコーヒーをフレンチプレスで飲むという感じに似ています。

次ページ>> コーヒーアカデミーで学んだUCCの取り組みととは!?


1  2

The following two tabs change content below.
Itsuro Takahashi
1974年生まれ。開発協力ワーカー/ブロガー。 主に村落開発、水・衛生をフィールドに、インド、ザンビア、エチオピアに駐在。タンザニアでは主夫・子育てを2年間経験。趣味はサッカーと読書。関心事項はローカル、社会起業、ファンドレイジングなど。