ユニセフ(国連児童基金)は、73回目の創設記念日にあたる2019年12月11日に世界の出生登録に関する新たな報告書『2030年までにすべての子どもに出生登録を:その進捗は?』を発表し、5歳未満の4人に1人に相当が出生登録されていない現状を明らかにしました。主に南アジアで大きく改善がみられる一方、サハラ以南アフリカの国々の大部分は遅れをとっています。

5歳未満児の約4人に1人が出世登録なし!

d5176-1422-526299-0
写真:ユニセフ事務局長 ヘンリエッタ・フォアから出生登録書を受け取るネパールの母親。(2019年11月3日撮影) © UNICEF_UNI222536_PRASAD NGAKHUSI

ユニセフ(国連児童基金)が発表した174カ国のデータを分析した報告書『2030年までにすべての子どもに出生登録を:その進捗は?(Birth Registration for Every Child by 2030:Are we on track?)』は、世界で出生登録されている5歳未満児の割合が10年前に比べ約20%も大幅に増加したことを示しています。

一方で、1億6,600万人の5歳未満の子ども(4人に1人に相当)がいまだ未登録であることを明らかにしています。

なお、子どもが登録されている場合でも、出生証明書を所持することはあまり一般的ではなく、世界で2億3,700万人の5歳未満児、つまり約3人に1人が登録を証明する公式書類を持っていません。

アフリカで進まぬ状況改善

25092019BurundiBirthRegistration103
写真:生まれてすぐに出生登録をすることができず、1歳になって完了したブルンジの男の子とその母親。(2019年9月25日撮影) © UNICEF_UNI213089_Prinsloo

世界では、主に南アジア、特にバングラデシュ、インド、ネパールで大きく改善がみられました。例えばインドでは、出生登録されている子どもの割合は2005-2006年の41%から2015-2016年には80%に上昇しました。

近年、ユニセフは国全体の出生登録に優先して取り組めるよう、インド政府と協力し、出生登録所を増やしアクセスを改善し、職員やコミュニティワーカーを訓練し、最も弱い立場に置かれたコミュニティで啓発プログラムを実施しています。

一方、サハラ以南アフリカの国々の大部分は世界の他国に遅れをとっており、なかでもエチオピア(3%)、ザンビア(11%)、チャド(12%)は世界で最低水準の出生登録率となっています。

出生登録がされない理由としては、子どもの出生登録方法に関する知識の不足、出生登録または出生証明書の申請料金の高さ、登録が遅れた場合の追加料金、最寄りの登録施設までの遠さなどが挙げられます。加えて、子どもを産んだばかりの母親は屋内にいるべきなど、一部のコミュニティでの伝統的な慣習も、時間内に出生登録を行うことを妨げる原因になりえます。

また報告書では、持続可能な開発目標(SDGs)にある「2030年までに、すべての人々に出生登録を含む法的な身分証明を提供する」(目標16.9)を達成するためには、3カ国に1カ国(世界の5歳未満児人口の約3分の1を占める)が早急に状況を改善する必要があると指摘しています。


The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!