ユニセフ(国連児童基金)は、初の「アフリカンドローン・アンド・データアカデミー(ADDA:African Drone and Data Academy)」がマラウイの首都リロングウェにオープンしたと2020年1月14日に発表しました。子どもや若者の生活に影響を与えるプログラムやサービスにおいて、ドローンの通称で知られる無人航空機(UAV)の使用を促進する取り組みの一環です。

マラウイ×ドローンの取り組み

IMG_8665
写真:ドローンの飛行ルート運用開始に沸く人たち (2017年6月28日撮影) © UNICEF_UN070228_Chisiza

ユニセフ・マラウイ事務所、マラウイ政府、およびその他のパートナー団体は、2017年にマラウイ中部のカスングで人道支援・開発支援の利用に特化したドローンのテスト飛行ルートを開設しました。

それ以来、ドローン技術は、医療物資の輸送、緊急時の支援、作物のモニタリング、コレラのマッピング、国の災害対応とモニタリングにおいて活用されるようになりました。

ユニセフ・マラウイ事務所は、ユニセフのプログラムのために、航空写真や衛星画像、その他の種類のデータ(地理空間データ、ソーシャルメディア、クラウドソーシングデータ、センサーデータなど)を統合および分析するデータインテリジェンスノードを開発しました。

マラウイにドローン学校が誕生

d5176-1434-196667-1
写真:これからアカデミーで授業を受ける学生とルドルフ・シェンク(Rudolf Schwenk)ユニセフ・マラウイ事務所代表。(2020年1月13日撮影) © UNICEF Malawi

ユニセフ・マラウイ事務所は、グローバルファンド、ドイツ政府、スコットランドおよびスウェーデンのパートナー団体からの初期支援を受けて「アフリカンドローン・アンド・データアカデミー」を設立しました。

アカデミーで授業を受ける最初のクラスは、マラウイ出身の16人とアフリカ全土から来た10人の学生からなります。その半数以上(55%)は、科学、技術、工学の学士号を持つ女性です。第2期生は、2020年4月中旬に研修がスタートします。本コースは、1月26日まで申込みを受け付けています。

なおユニセフのパートナー団体からの資金提供により、アフリカ全土から集まる学生のうち、最初の26人については授業料を無償で提供されます。

ドローン技術を未来の子どもたちに!

DSC_0187-edit
写真:人道的利用に向けたドローンのテスト飛行を見守る子どもたち。(2017年6月撮影) © UNICEF_UN070530_Brown

アカデミーでは12週間の研修コースを通じて、アフリカで人道、開発、商業目的でドローンを使用する専門家を育成します。本カリキュラムは、2017年以来実施されているマラウイでの研修ワークショップの成功を受けて、バージニア工科大学と共同で開発されました。

2021年までに、約150人の学生を対象にドローンの組み立て、テスト、操縦における理論的および実践的な方法論を学びる研修を行います。

また、2022年までに、アカデミーはマラウイ科学技術大学(MUST)と連携し、ドローン技術を習得する2年間の大学院修士課程プログラムを無償で実施します。地域の能力を育て、望ましい収益構造を形づくるカリキュラムを提供することで、人道および開発目的でドローンを利用する持続可能なビジネスモデルを生み出します。

マラウイの民間航空局のディレクターであるジェームス・チャクウェラ(James Chakwera)氏は「ここマラウイで、ドローンや高度なデータ分析・管理技術といった最新技術を活用することで、子どもたちにより良いサービスを提供できるようになると強く信じています」と述べました。

またプロジェクトを率いるバージニア工科大学のケビン・コッシャースバーガー(Kevin Kochersberger)准教授は、「アカデミーは、マラウイおよびアフリカでのドローン技術と教育の革新的な応用における、バージニア工科大学の継続的な取り組みを反映しています。アカデミーでは、農業から保健、自然資源のモニタリングまで、ドローン技術を活用した仕事に必要なスキルの習得を、卒業生に約束します」と述べています。


The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!