ブリケットワークショップ!

3c476845

ブリケットに興味を持ってくれた5グループに、順番にアポイントメントをいれ訪問を開始。

大勢の村人が集まってくれた第一回目は本当に緊張・・。笑
なんせブリケットの作り方を他の隊員に教えてもらったものの、わたしもブリケットを作るのは初めて!

どういう順番で始めるのか・・・
本当にブリケットは形になるのか・・・

不安定要素が多いマラウイでは成功するとは限りません。

まずは先輩隊員が作ってくれたビデオで、作り方を説明。
(活動には、こんな風にI Padを活用して動画を見せています。
文字が読めない人にも直接音と映像で伝えることができるので、ビデオはとても効果的です!)

6679e2d5

紙媒体で、なぜブリケットを作るほうがいいかメリットを説明。
そのあとはいよいよブリケット作りを開始!

ワークショップの様子はこちら。

6時間後・・・
終始ドキドキでしたが、なんとかブリケットができました!

cd942a31

完成したブリケット 製品にするにはほど遠いけど・・

そんなこんなで5か所で同じようにワークショップが終了!

しかし、問題はこれから。村人がブリケット作りを始めてくれるかどうかが重要です。

ブリケットは彼らのビジネス…
主体性が大切なので、「ブリケットビジネス初めてね。」と敢えて強くは言わないことにしました。

ブリケットビジネスを始めるための「壁」とは…

ところで、
村人にとって、ブリケットビジネスを始めるために、大きな壁がありました。

それは 【初期投資】=ドラム缶を用意すること

442caada

ドラム缶を用意するには、
・コタコタにドラム缶を売っているお店がないので、持っている人をツテで探さなければならない
・ドラム缶の購入費11000MK(約1500円)は、村人にとって結構高い

初期投資するために、ある程度の貯金がないといけません。
ですが、村人には他にお金が必要なことも多い。

米や野菜の種を買ったり
急な出費(病院、葬式)のために貯金したり
他のスモールビジネス(揚げパン、野菜ビジネスなど)をしたり

もともと定職についておらず収入源が少ない村人たちにとっては、ドラム缶の出費はかなり大きい。

たとえ収入を増やしたいとおもっていても、
コストを払ってまでビジネスをするメリットを感じてくれるか
そこまでしてビジネスをやりたいか、がポイントになってきます。

次ページ>> やる気溢れる植林グループに出会った!


1  2  3

The following two tabs change content below.
Sachiko Hara
第一希望のIT営業を3年で辞め、2016年1月-2018年1月 青年海外協力隊としてアフリカ マラウイで活動中。 マラウイでは村起こしの一環で小規模組合に対し、ビジネス支援を主にする予定。 好きなものは、ヨガとミスチル。 個人ブログ書いています! 東京OLアフリカへー さちこ730日放浪記