プロサッカー選手・本田圭佑のマネジメント会社”HONDA ESTILO”は、ルワンダ・ケニア・ウガンダの東アフリカ3ヶ国で 「AFRICA DREAM SOCCER TOUR supported by Car-Tana.com」を2017年12月上旬より開催します。 難民やスラム街に住む恵まれない子どもたちが夢や希望を持つきっかけを得られるように、自身がプロデュースするサッカー教室のコーチが社会貢献活動の一環としてサッカー指導を提供します。本田は2017年9月にウガンダでプロサッカークラブの運営を開始するなど、アフリカの子どもたちに夢を持つきっかけを与える活動を継続的に実施しています。

東アフリカ3カ国でサッカー教室を開催!

Media Release
ⓒ CECYDAR

メキシコ1部のパチューカに所属するプロサッカー選手・本田圭佑のマネジメント会社”HONDA ESTILO”は、東アフリカのケニア共和国にある子会社の”SOLTILO Kenya Ltd.”を通じて、東アフリカ3ヶ国で 「AFRICA DREAM SOCCER TOUR supported by Car-Tana.com」を開催します。

ルワンダ・ケニア・ウガンダの難民やスラム街に住む恵まれない子どもたちが夢や希望を持つきっかけを得られるように、全世界に80校展開する「SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL」のコーチが、社会貢献活動の一環としてサッカー指導を提供します。ツアーは2017年12月上旬よりルワンダ・ケニア・ウガンダの順で実施されます。

AFRICA DREAM SOCCER TOUR supported by Car-Tana.com ツアー概要

  1. ルワンダ共和国 (1周目:2017年12月上旬~2018年1月中旬、2周目: 2018年10月)
  2. ケニア共和国(1周目:2018年1月中旬~2018年4月中旬、2周目:2018年7月~9月)
  3. ウガンダ共和国(1周目:2018年4月中旬~2018年5月下旬、2周目: 2018年11月)

サッカー指導だけでなく、キャリア支援も!

Media Release2
CECYDAR

本田圭佑は、サッカーを通じてアフリカ人の身体能力に魅力を感じたことをきっかけに、2016年よりアフリカ進出を目指して、ウガンダ、ルワンダ、ガーナ、ナイジェリア、セネガル、ザンビア、ボツワナ、マラウィ、タンザニア、ガボン、ケニアにおいてリサーチを開始しました。

2017年6月には、本田圭佑自身がウガンダを訪問し、遺児や難民キャンプで暮らす子ども達と触れ合う中で、子どもたちが置かれる過酷な状況を知りました。同時にその様な現状でも、子どもたちの純粋さや多くの笑顔に出会い、アフリカに住む難民や低所得者層の子どもたちにサッカーの指導を提供することを決めました。

本田はウガンダでの体験を、自身がプロデュースする「SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL」のコーチたちに持ち帰り、アフリカに対する想いを伝えました。今回のサッカー教室では、本田の想いを受け継いだコーチたちが、アフリカの子どもたちが夢や希望を持てるきっかけを与えていきます。また長期的にはサッカー指導を提供する中で、サッカーを含めた様々な才能を持った子どもたちに対して将来的なキャリア支援も行っていく予定です。

ケニア・ウガンダ・ルワンダで開催する理由!

37136309583_e32f7f9bb4
© GRIDArendal The outskirts of Nairobi, Kenya: Kibera Slums

今回のツアー対象国は、子どもたちの将来を世界規模で考える上で大事な地となります。ケニアは、東アフリカ最大の経済規模を誇る一方で、アフリカ最大級のスラム街”キベラスラム”を抱えています。2017年、HONDA ESTILOは、ケニアに優秀なサッカークラブのアカデミーを視察するためにケニアに渡航し、今後コーチを派遣する現地アカデミーとのパートナーシップ提携を決定しました。

ウガンダは、アフリカ東部に位置する内陸国です。アフリカの中でも比較的平和とされており、内戦が続く隣国の南スーダンから100万人以上の難民を受け入れるアフリカ最大の難民受入国でもあります。本田の訪問によって構築したウガンダネットワークを活用し、首都カンパラに住む難民向けの社会貢献活動を決めました。また2017年9月には子会社”SOLTILO Uganda Ltd.” が、ウガンダのプロサッカークラブ「Bright Stars FC」の運営を開始しました。

またルワンダは世界有数の難民申請者数を記録している現状があり、首都キガリのストリートチルドレンの保護施設”CECYDAR”と提携してサッカー指導を実施する予定です。

自分で夢を持ち、それを実現していく力を!

これらの活動は、HONDA ESTILOグループの「サッカー(スポーツ・教育)で世界中に夢や希望を与え感動させ続ける」という理念の実現に向けた大事なポイントとなっています 。

本田は世界でサッカー教室を開催する理由について、「私は、プロフェッショナルのサッカー選手であり、起業家であり、教育者です。私の任務は、子どもたちの教育をサポートすることです。発展途上国にいる子どもたちを助けるためには、地産地消の機会を与えることが真の解決策だと信じています。その機会の一つとして、私たちは2009年から、(2016年当時)9つの国の16の地域でサッカーキャンプを行い、夢を持つことの大切さを教えています。 あなた自身でしかあなたの夢は叶えられないのです。この精神(夢)を持つことが自分を独立した人間にしてくれます。」と語っています。

HONDA ESTILOでは、この活動の想いに共感し共に盛り上げてくれる企業や仲間を募集しています。 2017年11月には、良質な中古車を世界に販売するサービスを展開する株式会社じげんがスポンサーとして、同ツアーをサポートすることが決まりました。じげん社は、アフリカ向け中古車輸出プラットフォーム「Car-Tana.com(カタナ)」を2017年9月に立ち上げ、日本の中古車ポータルサイトでは初となる「自動車ローン」を組めるファインナンスサービスをサイト内に導入しました。既にケニアにおいてはサービスの提供を開始しています。

The following two tabs change content below.
凡
Africa Quest.com 編集長。1987年うどん県生まれ。証券会社退社後、青年海外協力隊としてケニアに赴任。在任中に雇用創出をビジョンにソーシャルベンチャーを共同創業し、約2年にわたり運営を行う。現在は、Africa Quest.comの運営や中小企業のアフリカ進出サポート、アフリカビジネスラボのモデレーターなど、アフリカをテーマに幅広く活動している。