アフリカの最貧国の1つであるマラウイで起業して3ヶ月。1月の売上高が100万に到達しました!利益は内緒です…笑。今後は更に急成長が予測されますので(わかりませんが笑)、初心を振り返る意味で、今回100万に到達するまでの道のりを書き留めさせていただきます!

2017年11月16日、マラウイ到着!

マラウイに着いたのが約3ヶ月前です。

その前にケニア、タンザニアなどに立ち寄り、起業家の方や、協力隊の方に沢山会ってアフリカの事を教えて貰いました。

しかし、着いたはいいが「何をして良いのかわからない」「英語がわからない」という問題に直面しました。

なので、マラウイ人とたくさん会って話すことを最初は徹底的に行いました。

予定がなくても、街に出かけて話を聞く。クラブに行って酔っ払いと踊る。村のNGOに参加する。

image33

こんな事を繰り返している内にマラウイ人の考えている事が少しづつ理解できるようになりました。

同時にマラウイ経済を牛耳っているインド人にも話を聞くようにしました。インド人はテンションが低くて話しかけづらいのですが、何度も会いに行くうちに色々と教えてくれるようになりました。

その後、少しづつ会話ができるようになり、マラウイの産業や政治について会話をするようになりました。3割くらいしか理解できていませんが笑

会社を登記!1人目の従業員を雇う!

image22

マラウイでの会社登記も同時に進めていました。会社登記も英語がよくわからないので、仲良くなったマラウイ人に助けて貰いながら要点だけを押さえて、登記を行いました。

マラウイでの会社登記は1週間~3ヶ月で完了します(代表が外国人かマラウイ人かによってだいぶ異なります)。まずは1人目のマラウイ人を雇い、そのマラウイ人にアドバイスを貰いながらテストを繰り返し行いました。

タンザニアから洋服を輸入してみる!

マラウイで生活する内にマラウイ人はファッションにかける思い入れが強い事がわかりました。スーツや靴を買うために4ヶ月くらいのローンを組んだりしていました。

こんな感じです笑

image26

また洋服はタンザニアで生産されていて、仕入元はタンザニアとマラウイの国境付近であるムベヤという町である事がわかったので、実際に1000着くらいの洋服を仕入れて販売をしてみました。

image24

結果…

全く売れない。悲しいほどに売れない。

image11

僕が見ていた「ファッションの拘りの強い人」はマラウイ人の中でも富裕層で、国民のほんの数パーセントだったのです。

84%が農業従事者のマラウイでは、「格好品にお金を掛ける」のではなく、「生きる為に必要な事にお金をかけている事」がこの失敗から学びました。

食べ物だったり、家賃だったり、「マラウイ人が何にお金を使っているのか?」という観察と考察が足りていませんでした。。

日本からパソコンの輸入をしてみる!

マラウイ人はパソコンを欲しがっている人が多い。

インターネットカフェに行くと沢山のマラウイ人がパソコンを利用している。

そこで日本からパソコンを輸入してみました。

 

結果…

 

全く売れない。泣けるほどに売れない。

image32

日本の郵便局の国際郵便が異常に高いのに加え、日本で買ったパソコンをマラウイに輸入すると24%の関税がかかるため、販売額が高くなってしまいました。

やはりマラウイ人は中国やインドの安い製品を求めています。またスマホ普及率が10%以下だと言われているマラウイでPCを持っている人は多くない。

マラウイ人のお財布事情とニーズを理解していませんでした。

ゲストハウスを始めてみる!

image19

マラウイに日本人宿がなかったので始めてみました。

これまでたくさんの協力隊の方や旅行者の方に泊まって頂きました。特に協力隊の方は2年間同じ任地で活動するので、知らない事だらけで本当に勉強になる事が多いです。

次ページ>> 農家から野菜を仕入れて売ってみる!


2  3

The following two tabs change content below.
Yosuke Kuni
マラウイで活動を行っている国です。学生・社会人を含め12年間建築に携わりました。マラウイでは学校建設や洋服支援などをしています。マラウイに携わる事の楽しさを広めたいと思いリベラルアーキテクツという会社をマラウイで作りました。宜しくお願い致します!!マラウイの会社ブログもやっているのでご覧ください。