GSMA_MENA_03

世界中のモバイル通信事業者を代表する団体GSMAは、ドバイで開催されたGSMAモバイル360シリーズ中東大会で新報告書「モバイル経済ー中東・北アフリカ2016(The Mobile Economy – Middle East and North Africa 2016)」を発表しました。

報告書は、中東・北アフリカ(MENA)地域におけるユニークモバイル加入者数が2020年までに3億8,500万人に、スマートフォンの接続件数も2020年までに4億6,700万件に増加する見通しであると伝えています。また、モバイルがさまざまな地域で革新的な新しいサービスを増加させ、ネットワーク接続サービスを受けていない人々にサービスを提供し、雇用を創出する上で貢献していることを明らかにしています。

ポストBRICs!世界中が注目しているMENA市場とは!?

GSMA_MENA_02

MENA(ミーナ)とは、ポストBRICsとして注目が集まっている中東と北アフリカを合わせた市場のことを指します。「Middle East(中東)」と「North Africa(北アフリカ)」の頭文字から「MENA」と呼ばれています。

MENAに厳密な定義はありませんが、GSMAが対象としている25市場は、アルジェリア、バーレーン、コモロ、ジブチ、エジプト、イラン、イラク、イスラエル、ヨルダン、クウェート、レバノン、リビア、モーリタニア、モロッコ、オマーン、パレスチナ、カタール、サウジアラビア、ソマリア、スーダン、シリア、チュニジア、トルコ、UAE、イエメンとなっています。

MENA市場におけるモバイル加入は2020年に約4億人に増加!

GSMA_MENA_01

GSMAが発表した新しい調査報告書「モバイル経済ー中東・北アフリカ2016(The Mobile Economy – Middle East and North Africa 2016)」は、2015年における中東・北アフリカ(MENA)地域25市場のモバイル接続件数(SIMカード)の合計は6億1,800万件で、2020年までに7億2,200万件に増加する見通しであると伝えています。ユニークモバイル加入者数は、2016年第2四半期の3億3,900万人から2020年までに3億8,500万人に増加する見通しである報告としています。

また、スマートフォンの接続件数も、過去3年に倍以上増加し、2016年第2四半期には総接続件数の42%に当たる2億6,300万件に達していますが、2020年までに4億6,700万件に増加する見通しです。モバイルブロードバンドネットワークの可用性拡大がスマートフォンの普及率を高め、デジタル格差の縮小に貢献しており、革新的な新モバイルサービスが生まれています。

モバイル業界が経済成長!雇用、公的財政に貢献!

2015年にMENAのモバイル業界は、地域経済に1,500億ドル以上の貢献を行いました。これはGDPの4%相当にあたり、2020年までには、その貢献額は約2,000億ドルに達する見通しです。また、モバイル業界は2015年に、エコシステムでの直接雇用や、モバイル分野の経済活動によって生まれた間接的雇用を通じて、100万人以上の雇用を生み出し、地域経済を支えました。さらにモバイル業界は2015年に、普通税の形で公的財政にも150億ドルの貢献をしました。

次ページ>>国よって異なる地域環境。地域格差が課題!


1  2

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!