south africa

前回記事の「起業件数は世界トップレベル!アフリカのスタートアップ・起業家の現状と課題を分析!」では、アフリカのスタートアップ・起業家が継続的な雇用創出を通じてアフリカの経済成長に貢献することの重要性について述べた。

この記事を深く理解するために、アフリカのスタートアップの資金調達に関するデータを調べ、スタートアップの資金調達不足に対しての解決策について検討する。

アフリカにおける資金調達の現状

国際金融公社(世界銀行の一部門)によると、アフリカの起業家は2017年に5億5600万ドルを調達し、2016年比で53%増加した。

一方で、同じ年にラテンアメリカの起業家は19億ドルを調達し、インドの起業家は74億ドルを調達した。(1)

下のグラフは、3つの地域の人口、GDP、スタートアップのエクイティファイナンスを比較したものである。(2)

表1:新興国市場でのエクイティ投資額、人口、GDP

Equity-Investment-to-Emerging-Markets-768x449

上記のデータは、アフリカがインドと人口が近いにもかかわらず、起業家へのエクイティファイナンスの点でインドよりはるかに遅れていることを明らかに示している。

さらに、2017年のアフリカ地域へもたらされた総資金の84%は、南アフリカ(1億6700万ドル)、ケニア(1億4700万ドル)、ナイジェリア(1億1400万ドル)、エジプト(3700万ドル)の4カ国に集中していた。(3)

これは、地域全体だけでなく、アフリカの主要なイノベーション拠点(カイロ、ケープタウン、ヨハネスブルグ、ナイロビ、ラゴスなど)以外にいる起業家にとって、資金が大幅に不足していることを示唆している。

人口規模と経済発展の類似性を考慮した時に、アフリカとインドの間でスタートアップの資金調達に10倍以上の格差がある理由はなぜだろうか?

この問題は、供給側と需要側の2つの観点から広く検討できる。

ファンドの視点から考察!

まずは供給側から、インドとアフリカにおける過去2年間の最大の資金調達取引について調べる。

表2:2017-2018のインドにおけるスタートアップ投資ランキング(4)(5)

表3:2017-2018のアフリカ地域におけるスタートアップ投資ランキング(6)(7)

過去2年間の地域間の資金調達の違いは顕著であり、インドの上位5件の案件は、アフリカ大陸全体でトップのスタートアップの資金調達額よりも多くの資金を受けている。

上記のデータから分かるさらに重要な点は、資金調達の大部分は国境を越えたものということである。

2017―2018年のインドのスタートアップに対する3大資金調達源は、圧倒的に最大の投資額を誇るソフトバンクCVCであるソフトバンクビジョンファンド、他には南アフリカのNaspersや中国のテンセントとなっている。

南アフリカの企業であるNaspersは同期間において、アフリカのスタートアップに対しても最大の投資家であるという点は注目に値する。

発展途上国全域でさらに注目を集めているのは、中国のテンセントによる出資総額(100億ドル以上にも上る)であろう。

次ページ>> 起業家の視点から考察!


2  3

The following two tabs change content below.
「アフリカの未来を創る。」 And Africa
アフリカと日本がビジネスにおいてお互いを補完し合うための「架け橋」となることをミッションとして掲げ、日々活動しております。 「アフリカスタートアップのエコシステム創出により、アフリカにおける産業化促進及び雇用創出に貢献する」ことが我々のビジョンです。