最近、至る所で話題となっている「Fin Tech(フィンテック)」という言葉。これは。金融を意味する「Finance(ファイナンス)」と、技術を意味する「Technology(テクノロジー)」を組み合わせた造語で、つまり「フィンテック」IT技術を活用した新たな金融サービスという意味です。

フィンテックの中で、一番有名なのがモバイル決済です。携帯電話のメッセージで送金できるLINE Payや、簡単にクレジットカード決済ができるSquareや楽天スマートペイなどです。私の生活にとって最先端というイメージもフィンテックですが、実はアフリカでは既に多くの人々に普及しており、日常的に使用されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特に最もフィンテックが人々のインフラとして浸透している国が、東アフリカに位置するケニア共和国です。ケニアは先ほど紹介した電話番号を利用したモバイル送金サービス「M-PESA(エムペサ)」を世界に先駆けてリリースしました。現在はケニアのGDPの約5割がモバイル上で流通しているとまで言われています。世界中に大きな影響を及ぼした革新的サービス「M-PESA」とケニアのICT事情について徹底解説します。

アフリカで最もホットなケニアのモバイル市場とは!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

携帯電話はケニアで爆発的に普及した物の1つです。ケニアにおいて携帯事業会社最大手であるSafaricom社と契約する人は、2000年わずか1万7000人でしたが、2010年には1200万人まで拡大しました。そして、2015年12月時点でSafaricomの契約者数は2441万人となり、たった5年でさらに倍増しています。現在、ケニア全土で携帯の普及率は約90%に達しています。

しかし、ケニアの携帯は”SIMフリー”である為、”SIM”と呼ばれるICチップを使い分けることで、一台の携帯でいくつもの回線、電話番号を利用することが可能です。(日本のケースで考えると、SIMカードを入れ替えるだけで、DoCoMo, au, Softbankの回線を一台で利用することが可能になるというイメージです。その為、ダブルSIM携帯も存在し、一台を複数人でシェアすることも可能です。)SIMの数を基準に数えれば、その数は人口比100%を超えるとも言われています。

ちなみに、その他の回線であるAietel社とOrange社は2015年12月時点で、それぞれ724万人と466万人が加入しています。

革新的Fintechサービス”M-PESA”の仕組みを徹底解説!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この様な状況の中生まれたのが、”M-PESA”というサービスです。これは携帯電話を利用して、お金を送金することの出来る”モバイルバンキングサービス”です。日本で言うところの、”LINE Payの様な携帯電話のメッセージで送金できるサービスです。”M-PESA”のMは”Mobile”、PESAはスワヒリ語で”お金”を表します。Safaricom社が、ヨーロッパの大手携帯事業会社”Vodafone”との共同事業として2007年に開始しました。

このサービスは、携帯のSMS機能を利用し、お金を送金したり、引き出したりできます。ケニアでは、多くの人が銀行口座を持つこと出来ません。しかし、少額の電子取引・送金に対して強いニーズがありました。それは、貧しい地方地域では都市部に出稼ぎに出ている家族からの仕送りを頼りにしているケースが多々あるからです。また、治安が悪く、強盗やスリの発生率が高い為、現金を持ち運ぶことに対するリスクも非常に高いのです。

M-PESAは、爆発的に普及した携帯電話を使って、シンプルな銀行サービスを提供しました。その結果、銀行口座を持つことの出来ない貧困層に対して、金融サービスへのアクセスを可能にすることに成功しました。これがケニアで起きたイノベーションです。

3490238019_fb1e50e056

M-PESAはリリースされてからわずか5年足らずで、人口の4割にあたる1,500万人の利用者を獲得しました。2016年3月末にSafaricom社が発表したデータによると、現在の利用者は1660万人となっています。

流通額はケニアGDP全体の約38%に当たるとも言われています。Safaricomの他にも、Orange社の提供する”Orange Money”やAirtel社が提供する”airtel Money”などのサービスも存在します。その利用者を合わせると、2,500万人を超えると言われています

次ページ>>簡単すぎて便利すぎる!送金サービスM-PESAの使い方


1  2  3

The following two tabs change content below.
凡
Africa Quest.com 編集長。1987年うどん県生まれ。証券会社退社後、青年海外協力隊としてケニアに赴任。在任中に雇用創出をビジョンにソーシャルベンチャーを共同創業し、約2年にわたり運営を行う。現在は、Africa Quest.comの運営や中小企業のアフリカ進出サポート、アフリカビジネスラボのモデレーターなど、アフリカをテーマに幅広く活動している。