持ち物&装備

★★★(必須)

・レインコート上下

雨風対策。イラクサの棘が刺さらないように下も履いといた方が身のためです。

・トレッキングシューズ

スニーカーだとぬかるみにはまってぐちゃぐちゃになります。

・軽食&水

お昼を食べる時間があります。

・パーミット&身分証明書(パスポートorIDのコピー)

★★(あったら良いかも)

・手袋

怪我防止。今回持ってこなくていちばん後悔したもの。

・アンダーアーマー的なの(タイツ?)

裾がめくれて怪我などしないように。

アクセス

ボルケーノ国立公園があるのはルワンダの北部にあるムサンゼ(地図などでは旧名「ルヘンゲリ」がいまだに使われてることも)。

首都キガリにある、ニャブゴゴのバスターミナルから高速バスで2時間半くらいです。

詳しくは下記の地図をご覧ください。

 

おすすめゲストハウス – Red Rocks

タケダは前述のAmahoro toursが経営しているAmahoro guesthouse (通称 Red Rocks)に泊まりました。

amahoro
外観

amahoro
壁にはルワンダでは見たことないぐらいクオリティの高いアートが

部屋は明るくてとっても綺麗!

amahoro guesthouse

ここに住みたいとさえ思いました

amahoro
ルワンダの宿でオシャレ雑誌が置いてあるの初めて見た

amahoro
ここで毎日ブログ書けたら幸せなのに

この部屋はバスタブ付き(バスタブがない部屋もあるそうです。お風呂に入りたければ予約時にちゃんと言っといたほうが良さそう)

amahoro
しかもちゃんとお湯が出る!久々に湯船に浸かってリラックスできました

ルワンダではめずらしくスタッフさんの接客態度も良かったし、朝食もパンとオムレツとフルーツとアフリカンティーを堪能できて最高でした。

 

このクオリティで料金は一泊30USD。次に来たときもまたここに泊まろうと思います。

道行く人に「Amahoro guesthouseどこですか?」って聞いても誰も知らなくて、なかなか辿りつけなかったんですが、看板には「Red Rocks」と書いてあったのでそっちの方が名前としては通ってるみたいです。お気をつけください。

おすすめレストラン

Hotel Muhabura

ここのレストランでは生ビールが飲めます。ゴリラからのぷはーッは最高です。

ラザニアやパスタも美味しかった!

La paillotte

la paillotte

外国人観光客御用達のカフェ。食事も美味しく、パンも買えます。

Green garden

green garden

美味しいルワンダビュッフェが1200RWFで食べられます。

地図


タケダノリヒロ(@NoReHero

Photo:Maki Miura, Tokino Ozawa, Norihiro Takeda

タケダが運営するルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』より転載rwandanote

こちらもオススメ関連記事!


: Incorrect URL specification.


1  2  3

The following two tabs change content below.
Norihiro Takeda

Norihiro Takeda

コミュニティ開発(Community Development Officer)青年海外協力隊(Japan Overseas Cooperation Volunteers)
2016年1月から2年間、青年海外協力隊としてルワンダで活動します。 前職は菓子メーカー営業。水問題を中心に、地域の人々の生活改善をお手伝い。 これからルワンダに来る方々の役に立つ、現地リポーターならではの生の情報をお届けします!