作者アーカイブ: W.W.J Project

Akane Kobayashi (From WWJ)

足るを知る、アフリカ・ガーナの生活。〜自然の中であるものを食べ、あるもので生きる〜

いつも遊びに行っては、家族団らんに混ぜてもらい、ご飯をいただく農家さんがいる。 かれこれ1年の付き合いだ。 決して裕福とは言えない。 父は炎天下の中片道30分も歩いて毎日畑に通う働き者。しかし灌漑施設…
続きを読む
Africa Reporter

ガーナで感じる中国とインドの存在感!一方、日本は・・・〜草の根ビジネスとガラムセの現状〜

中国の圧倒的存在感 ガーナの町を歩いて最初に受ける洗礼と言えば、「チャイナー!チンチャンチョンー(中国人の話し方を真似ているらしい)!」という掛け声の嵐。 言っている方は単にからかってみたいだけのよう…
続きを読む
Column

ガーナでは肌の色ですべてが決まる!?〜とある職場の会話より〜

今回は西アフリカ、ガーナで理学療法士として活動しています柴田が肌の色についてお届けします。 写真はガーナの有名女優 Jakie Appiah 先日職場の同僚の男の子と他愛もない話をしていた。 私「この…
続きを読む
Akane Kobayashi (From WWJ)

お金やジュースがないと”やる気”が出ない!?意外と根深い、ガーナのモチベーション問題!

突然だが、ガーナに来てから嫌いになった言葉がある。 それが「モチベーション」である。 モチベーションとは、人が行動を起こすときの原因、すなわち動機を意味する。(コトバンクより) ということであるが、ガ…
続きを読む
Africa Reporter

モザンビークで日本文化を紹介!〜協力隊員で初めて日本祭りを開催!〜

先日、協力隊のメンバーで現地の学校に行き日本文化の紹介をしました。 隊員が活動している配属先の学校に有志でお邪魔し、日本祭りと称して日本に関連した出し物をします。  昨年から計画が持ち上がり、今回は第…
続きを読む
Africa Reporter

一緒に暮らすのは面倒くさい!だけど面倒くさいからいい!!~ガーナでホームステイしてみた〜

他人と一緒に住むって、ちょっぴり面倒くさいですよね。 「生活をする」って毎日の基本だから、同居人と揉めたりなんかしたらやりにくくてしょうがない。だけどものの置き方、掃除の仕方、生活リズム、小さなことに…
続きを読む
Africa Reporter

自撮りも大好き!?ガーナの人たちが自分の顔や容姿に誇りを持ってる理由!

メマモアハーー!!(皆さんこんにちは)今回は西アフリカ、ガーナで理学療法士として働いています柴田が、“容姿と自信”に関してお届けします。 パシャ!パシャパシャ!!  ここガーナで街を歩いていたり外に座…
続きを読む
Africa Reporter

出演時間が朝2時に変更!?モザンビークでイベントを企画するのは大変だった件!

Bom dia! おはようございます! 昨年ですが、モザンビークでソーラン節を踊る機会がありました。といっても私は今まで踊ったことが無く、教えてもらいながらでしたが。 最初は大使館からの要請で、海外公…
続きを読む
Africa Reporter

ガーナで学んだ、課題に直面した時に毒気に頼らない道を選ぶこと!〜変えてくとこ・曲げないところ〜

30万円を間違って使われてしまった。10月のことだ。 これはプロジェクトのために、約半年かけて50社以上の地元企業をまわり一生懸命集めたお金で、キックオフイベントの日時も決まったところだった。 何故3…
続きを読む
Column

地域のエラい人が亡くなったから生け贄が必要!?〜ガーナのびっくりローカルニュース〜

マーハ!!今回は西アフリカ、ガーナから理学療法士の柴田が”生け贄”に関するびっくりローカルニュースについてお届けします。  アクアピンキングが死んだってよ‼‼ この前職場の朝のミーティング中に出た話題…
続きを読む