アーカイブ: Issue/ODA

Country

現地ルポ!権力を振りかざすケニアの警官の実態! ~道を歩けば逮捕される、ナイロビ東部の日常~

あなたはこれまで何回銃を向けられたことがあるだろうか?おそらく日本人にこの質問をしてみたところで、たちの悪いジョークに聞こえるだけかもしれない。しかし、筆者はこれまで何回もケニアで銃を向けられてきた。…
続きを読む
Africa News

ユニセフ、サハラ以南アフリカで法的に“存在しない”子どもが9,500万人もいると発表!

ユニセフ(国連児童基金)は、第四回アフリカ閣僚会議の開催に合わせて、サハラ以南のアフリカでは9,500万人もの子どもたちが出生登録をされていない現状を2017年12月8日に発表しました。ユニセフは、現…
続きを読む
Africa News

トイレを利用できない上位は全てサハラ以南アフリカに!報告書「安全なトイレはどこに」が発表!

国際 NGO"ウォーターエイド"は、11月19日の「世界トイレの日」に合わせて、報告書「安全なトイレはどこに」を発表しました。最新の報告書によると、世界人口の 3 分の 1 の人々が安全なトイレを利用…
続きを読む
Column

FAO本部で開催された食料安全保障を考える国際会議をレポート!アフリカでも”若者×農業”で新たな挑戦を!

2017年10月9日〜13日、イタリア・ローマの国連食糧農業機関(FAO本部)において第44回食料安全保障委員会(CFS44)が開催されました。これは毎年、10月16日の世界食料デーの前後に開催され、…
続きを読む
Africa News

ユニセフ、ナイジェリアの栄養改善を目指しパートナーシップを発足!啓蒙活動も世界規模で展開!

ユニセフ(国際連合児童基金)は、健康・栄養分野で活躍するグローバル・サイエンスカンパニーの"Royal DSM"とスイスに本社を置く人道的な栄養を専門にしたシンクタンク"Sight and Life"…
続きを読む
Column

世界食料デーを機に考えよう!ハンガー・フリー・ワールドがアフリカで取り組む、飢餓のない世界を創る活動!

毎年10月16日は、何の日か、ご存知でしょうか。この日は、国連が定めた世界食料デーです。この日をきっかけに、世界の食料問題について考えようと定められました。先月、国連機関が発表した飢餓人口は、8億15…
続きを読む
Africa News

西アフリカの都市交通を改善!JICA、ブルキナファソのインフラ整備に約60億円を支援!

国際協力機構(JICA)は、西アフリカのブルキナファソにおいて58億100万円を限度とする無償資金協力「ワガドゥグ東南部タンソババイパス道路改善計画」の贈与契約を2017年8月18日に締結しました。首…
続きを読む
Africa News

ルワンダをアフリカのイノベーション大国へ!JICA、技術協力プロジェクト実施へ!

2017年7月26日、国際協力機構(JICA)はルワンダ政府と技術協力プロジェクト「ICTイノベーションエコシステム強化プロジェクト」に関する討議議事録に署名しました。「ICT立国」を掲げるルワンダに…
続きを読む
Africa News

ケニア大統領選挙で現職ケニヤッタが再選!野党連合、結果受入れ拒否でくすぶる火種!

アフリカ東部に位置するケニア共和国で2017年8月8日に大統領選が実施され、選挙管理委員会(IEBC)は8月11日夜、現職のウフル・ケニヤッタ氏が得票率%で再選されたと発表しました。ただ敗れたオディン…
続きを読む
Africa News

インクルーシブ教育モデルを推進するスワジランド!JICA、バリアフリーの中等学校建設を支援!

国際協力機構(JICA)は、スワジランド王国政府と「包摂的な教育の推進のための中等学校建設計画」を対象とした最大17億2,300万円の無償資金協力の贈与契約を締結しました。障がいをもつ子どもにも配慮し…
続きを読む